1. マルマン ZETA IRON / UT

マルマン ZETA IRON / UT

ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 295 Views

マルマン ZETA IRON / UT

マルマン ZETA IRON / UT

永井延宏プロの試打インプレッション

イメージ以上の飛びと安定したスピン性能。挑戦意欲が掻き立てられる『ゼータ・アイアン』

「同アイアンは、程よいシャープさを感じる大きめのヘッド形状。非常にスイートエリアが広く、トウ、ヒール側のみならず、上下のバラツキにも強く仕上がっています。その結果、フェース全体を面として考えることができるので、非常にシンプルなイメージでスイングできます。換言すれば” スイングが良くなるアイアン” です。性能面は、アンダーカットキャビティによる深重心でボールも高く上がり、かつスピンも適正に入ります。飛ぶだけではない、きちんとグリーン上でボールが止まるアイアンらしいアイアンといえるでしょう。フェースの弾き感も心地よいです。そして、特筆すべき点は抜けのよさ。独自設計の工夫されたソール形状で、どんなライからでも対応できそう。ですから、打ち込んでいくイメージも湧きます。それに対して、煽り感の少ないシャフトがしっかりと応えてくれます。このアイアンに上手く繋がっているのが同UTです。まさに、” アイアンの感覚でFWの飛距離性能” というキャッチがハマるモデルです」

商品データ

同アイアンは、素材(Material)、重心設計(Gravity)、フェース溝(Groove)を番手ごとの役割に合わせてフロー設計した「M.G.G.Flow Design」を採用。ロング番手は飛び重視の設計、ショート番手はスピン重視の設計だ。また、永井プロが絶賛する抜けの良さを実現可能にしたのは、「1・4・3TPバンス設計」のおかげ。これは、ソールのヒール部(1度)、センター部(4度)、トウ部(3度)の3局面でそれぞれ異なったバンス角を施した新バンス理論のこと。抜けが良くなれば、飛距離・方向性・スピン量が安定するのはいうまでもない。さらに、特筆すべき点は、ロングアイアンのフェース素材に同社プレミアムモデルである『マジェスティ』で以前使われていたマレージング鋼を採用していること。いままで培ってきた技術や機能性のみならず、最高素材までもを惜しみなく踏襲するあたりがマルマンの真骨頂ではないだろうか。なお、ロングアイアンが苦手というゴルファーのために同シリーズはUTもラインアップ。これは驚異的な飛距離性能を誇るモデルとして巷で話題のクラブ。ぜひ一度試してほしい。

■価格:(6I~PWの5本セット)カーボンシャフト装着モデル / 8万4000円(4I、5I、AW、SWは各1万6800円)、スチールシャフト装着モデル / 7万3500円(4I、5I、AW、SWは各1万4700円)

ZETA UT

マルマン ZETA IRON / UT

■価格:カーボンシャフト装着モデル / 各2万3100円、スチールシャフト装着モデル / 各2
万1000円(U3 / 19 度、U4 / 22 度、U5 / 25 度、U6 / 28 度)

商品のお問い合わせ

マルマン

TEL:03-3526-9988

URL:http://www.maruman-golf.jp/

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • Golf Pride 2018 – ゴルフプライドWebカタログ

  • ゴルフ場設計家の加藤俊輔氏が逝去

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ 2018

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

関連記事

  • ボールも飛距離モンスター?TOUR B JGRボールの飛距離性能を検証

  • 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

  • ブレずに飛ばせ!ピンのG400MAXドライバーを永井プロが試打検証

  • 永井プロが試打検証 テーラーメイド M3、M4は本当に飛んで曲がらないのか?

  • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

  • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証