1. 注目記事
  2. ギア評価

キャロウェイゴルフ NEW LEGACY BLACK Driverを検証

ギア評価 この記事を書いた人:
 

Callaway Golf NEW LEGACY BLACK Driver

Callaway Golf NEW LEGACY BLACK Driver

永井延宏プロの試打インプレッション

持前の飛距離性能にアジャスタブル機能搭載、 最大飛距離を追求するなら、このモデル!

「全体を通しての試打感は、スピンが少なくボールが強く前に飛んでいくこと。これだけでも飛距離性能は十分といえますが、このモデルのいいところは自分のヘッドスピード(HS)やスピン量に合わせて、ヘッドタイプが選べることに加えて、ロフト・ライ角の調整で飛距離を最大限に追求できることでしょう。以下、それぞれのヘッドタイプの出やすい弾道とそのメリットを得やすいゴルファーを説明します。まず、『460』(ヘッド体積460cm3)ですが、リアルロフトが多めでボールの捉まりがいいのでハイドローが出やすい。HS40~42m/sのゴルファーが最大飛距離を求められるでしょう。次に『440』(同440cm3)は、ライナーボールでグングン前に飛んでいきます。また、高低左右と弾道をインテンショナルに打ち分けられるし、高く打ち出してもボールが前に行く強さが変わらない。操作性と飛距離性能を兼ね備えたタイプといえるでしょう。HS44~47m/sあたりにミートします。最後に『ツアーオーセンティック』(同430cm3)ですが、これはかなりの低・浅重心。球離れがとても速くて低スピンなのでHSは47m/s以上は必要でしょうね。ボールが上に吹けていかないので、ライナーボールで真っ直ぐフェアウェイをキープしたいアスリートに強くおススメしたいタイプです」

商品データ

【特徴1】アジャスタブルロフト採用
標準ロフトから-1度、+1度、+2度までのロフト調整が可能、適正なスピン量を獲得できる。また、ロフトのホーゼル表示に加えて、N(ニュートラル)、D(ドロー)を調整して最適な打ち出し方向もアジャストできる。
【特徴2】低・浅重心設計でスピンレス強弾道
ソールの中央フェース寄りに、トライアングル・ソールウェイトを装着。7gの標準装着品の他に2、12gのソールウェイトへの変更が可能なので重心高さをカスタマイズできる。
【特徴3】フィーリングとサウンドにこだわるSP700フォージド・カップフェースの採用で、弾き感がありながらフェースにくっつく感覚も兼ね備える。高音ながら心地よいフィーリングを生み出す。

Callaway Golf NEW LEGACY BLACK Driver

■価格:「SPEED METALIX ZX(S、SR、R)装着モデル9万2400円(税込)、「Tour AD DI-6C」(S)装着モデル9万7650円(税込)、「Tour AD GT-6」(S)装着モデル10万8150円(税込)、「MOTORE SPEEDER 661」(S)装着モデル10万8150円(税込) ※一部、受注生産となります。

商品のお問い合わせ

キャロウェイゴルフ

TEL:0120-300-147

URL:www.callawaygolf.jp/

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 顧客満足度を高めたグリップ交換会の成功事例

  • 完成まで34年?『エピックフラッシュ』はさらなるボール初速を求めて生まれた

  • ダイナミックゴールド・ツアーイシューが2018年メジャー完全制覇

  • 普通のゴルファーが「日本代表」になれる!ワールド・アマチュア・ゴルファーズ選手権

関連記事

  • 衝撃のフィーリング!『MYSTERY(ミステリー) CF-455TOUR ドライバー』を試打検証

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

  • イーグルビジョンネクストを使ってベタピンを狙えるのかテストしてみた!

  • ツアーB XD試打レビュー:初体験の打感、金属弦が初速を上げる!