• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • 三菱レイヨン Diamana Wシリーズを検証

    吉村真
    1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ・エコノミック・ワールド」で地クラブの担当として取材、執筆。 国内を始め、中国...
    SNSでシェアする

    三菱レイヨン Diamana Wシリーズ

    三菱レイヨン Diamana Wシリーズ

    永井延宏プロの試打インプレッション

    叩ける白の最新版 『ディアマナW』

    「白マナのスピード感が増した印象ですね。元調子、先端の硬さは、ヘッドの暴れの抑制に繋がるので、FWとの相性も良く、フープ層に配した超高弾性繊維が、スイング中のシャフトのツブレによるエネルギーロスを低減しています。そこから中間部、先端へとエネルギーが伝わり強弾道を実現できます。70g台は、それに重さが加わることで、遠心力が高まり、ダイナミックなフォロースルーが可能なり、飛距離性能へと繋がります。最新のヘッドに、よりマッチする白マナになってますので、アヒナが打ちづらかったユーザーには満足行くシャフトでしょう」

    商品データ

    ディアマナ第三世代第2弾として通称" 白マナ " の3代目となる『ディアマナW』シリーズが誕生した。左を怖がらず振り抜くことができる強弾道アスリートモデルという" 白マナ "のコンセプトは踏襲しながらも、最新技術を搭載した" 叩ける白 " の最新版といえる。 この技術背景には、3GMDIが採用されている。これは、第二世代のディアマナで磨き上げたMDI(マルチ・ディメンショナル・インターレイ・テクノロジー=薄肉多層構造設計)がさらに進化して、超高弾性カーボンシート「ダイヤリード」をMDIの設計内で使用可能になったことで、薄いカーボンシートを多方向に配置。最適な曲げ剛性と捻れバランスを生み出せる技術。その技術を用いた『ディアマナW』には、「ダイヤリード」をバット部フープ層に用いて、つぶれ変形を防ぎながら切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングに移行できる仕様にした。さらに3GMDIによって、より精密な曲げ、ねじれ剛性の設計を可能にして、切り返しで大きなしなりを生みながらもインパクトゾーンでの安定したヘッド挙動を実現している。 昨年発売した『ディアマナB』は50gモデルが追加発売となったが、『ディアマナW』はシリーズ発売当初から50gもラインアップして、ツアーでの軽量化にも対応する構えだ。 三菱レイヨン Diamana Wシリーズ

    商品のお問い合わせ

    三菱レイヨン ゴルフシャフト部

    TEL:03-6748-7606 URL:http://mitsubishirayongolf.com

    【今月の特集のトップへ戻る】

    この著者の記事
    番手ごとの正しいアドレスが習得できる『Wellstance』を永井プロが徹底検証
    2024年04月11日
    この著者の記事
    PXG初の旗艦店「PXG AOYAMA」にQPさんとフェンシング日本代表ストリーツ海飛氏が突撃 『BLACK OPS』でフィッティングしたら330ヤード越え!
    2024年03月26日
    この著者の記事
    マイカスタム第8回 硬いシャフトで操作しすぎ 仕事をしてもらえるシャフト
    2024年03月16日
    この著者の記事
    球がネジれないカムイプロ集大成の『TP-XI』を永井延宏プロが徹底検証
    2024年03月05日
    この著者の記事
    ゴルフ5リコパ川崎店オープン
    2024年02月28日
    → もっと見る