• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • TRPX 『Raytis Ravie』シリーズ 『X-Line』シリーズを検証

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする

    TRPX 『Raytis Ravie』シリーズ 『X-Line』シリーズ

    TRPX 『Raytis Ravie』シリーズ 『X-Line』シリーズ

    永井延宏プロの試打インプレッション

    ゴルファーを熟知した製品づくり

    「『ラビエ』はズバリ、HSがそれほど速くない人がターゲット。実際に振ってみると、中元部のしなりが非常にスムースで、ミッドから先端にかけてのスピード感が非常によく出ています。力まずにゆっくり振れば振るほど飛んでいくので、必然的にスイングも良くなるでしょう。シャフト特性としては、インパクト時における先端部分の一体感・厚みを感じ、ヘッド重量に加え、シャフト先端部の重さでボールを押すような感触が手に伝わってきました。先述の通り、ミッド部分の撓り量が大きいため、インパクトロフトもしっかり出てきますので、ボールがつかまったハイドローが簡単に打てました。『ラビエ』は良いスイングへ導いてくれて、飛距離も出るシャフトといえます。一方の『X-Line』は、ハードヒッターやHSの速い人向け。高弾性繊維を使用しているせいか、ストレート層の" しっかりさ " がありますね。レスポンスが良く、パワーを伝えてくれるという意味での" 棒 " という表現がピッタリでしょう。余計な動きをしないため、ヘッドの向きを感じやすく、切り返しのタイミングやインパクトポジションを作るのが容易でした。何度もいうようですが、余計な撓り、動きが少ないということは、エネルギー効率が良く、自分の力を100%伝えることができる。そして、しっかりしつつも、自分で振っていった時についてきてくれる。そういう意味で『X-Line』は、ハードヒッターにとって頼りになるシャフトといえるでしょう。狭いホールでプレッシャーがかかった時でもおもいっきり振っていける、信頼できる1本だといえます」

    商品データ

    ■『Raytis Ravie』シリーズ:5万8000円 RR(49 g)、R(49g)、SR(50g)、S(51g)

    ■『X-Line』シリーズ:4万8000円 S(66g)、SX(67g)、X(68g)

    商品のお問い合わせ

    TRPX

    TEL:048-940-1984 URL:www.trpx.jp

    【今月の特集のトップへ戻る】

    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    この著者の記事
    ヘッドスピードが上がる話題の軽量シャフト、FSP『MX-V BRN』を永井延宏プロが打ってみると
    2024年06月11日
    この著者の記事
    テーラーメイド セレクトフィットストア プラス限定商品が発売
    2024年06月09日
    → もっと見る