1. Be Your Style99 PROTO ZERO INNOVATION & ELEVATION

Be Your Style99 PROTO ZERO INNOVATION & ELEVATION

ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 866 Views

Be Your Style99 PROTO ZERO INNOVATION & ELEVATION

Be Your Style99 PROTO ZERO INNOVATION & ELEVATION

永井延宏プロの試打インプレッション

シャフトの使い方がわかるシャフト

「最大の特徴はしなりを感じながらも、均一性や強度があるという点です。練習用は、正しいシャフトの使い方を覚えるために、柔らかさだけに任せて振るのではなく、しなりを感じながら、シャフトのしなりが最大になった瞬間にボールを打つという練習ができると思います。実践用はしなりが大きいものの、トルクコントロールをしっかりしているのが特徴です。バリエーションも3種類あり、ヘッドスピードや自分のスイングタイプ、ヘッドとのマッチングによって選択してしましょう。4.5がベストに感じましたが、3.5は捉まりが強く、5.5ではゆったりとした動きがありますので大型ヘッドのマッチングが良さそうです。コンセプトが明確で、わかりやすいので、特にドライバーが苦手な方やリシャフトを繰り返しても何がいいシャフトなのかわからないという人におすすめしたいです。これを使って本当のシャフトの使い方を是非知ってください」

商品データ

LPGAティーチングプロ・別府有里子がレッスン現場での気づきを商品化したのが、練習用シャフト『イノベーション』と、その流れを汲む実戦用シャフト『エレベーション』。『イノベーション』は超軟性&超低トルクのシャフトで、テンポ(1スイングの所要時間)とリズム(1スイング中の時間配分)とタイミング(体の各部位の動作順序)の3要素を修得できる。さらに、シャフト自体の物性が極めて特出しているため、ヘッドの種類に左右されることなく、スクエアインパクトの練習も可能となる。それに連なるのが、『エレベーション』。これまでの練習器具は、実戦のクラブとの連動した商品は稀。だが、『エレベーション』は『イノベーション』を使用して修得したスイングを実戦で違和感なく発揮できる。ヘッドの重心距離にあわせてType3.5、4.5、5.5の3タイプ(表参照)。1本でヘッドスピード20~50m/sに対応、フレックスフリー、キックポイント無しという新ジャンルのシャフト。両モデルとも全て素材は高品質を誇る東レ製で、職人が1本1本巻いているハンドメイドシャフト。インストラクターが開発しただけに、ジュニアも含めたゴルファーの悩み解決シャフトに仕上がっている。

■INNOVATION:44~46inc対応 / 仕上り重量 65g前後(45inc参考) フレックスフリー/トルク 4.7 / 価格 2万1000円(税込)

■ELEVATION:対応仕上り寸 43~46inc(要バットカット) / 重量:53g / 商品価格:4万8300円(税込)

Be Your Style99 PROTO ZERO INNOVATION & ELEVATION

商品のお問い合わせ

Be Your Style99

TEL:03-6379-4682

MAIL:info@protozoro.jp

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • Yamaha Golf Catalogue 2019 – ヤマハWebカタログ

関連記事

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • COOLSHOT PRO STABILIZEDでスコアは縮められる? 100切りを目指す男が使ってみた

  • ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証

  • スイングを安定させるグリップ力 STM M-3グリップを永井プロが検証

  • PUREグリップとROYALグリップの実力は?話題のグリップを永井プロが検証!

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証