1. PING Scottsdale TR Putter

PING Scottsdale TR Putter

 2013/09/09 ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 112 Views

PING Scottsdale TR Putter

PING Scottsdale TR Putter

永井延宏プロの試打インプレッション

パターのスコアアップに貢献!長さ調節機能が人気を博す

「31~38インチの長さ調整可能な『スコッツデールTR』パターは、男性のみならず女性からも好評を博しています。本当に自分に合った長さが分からず、それがひとつの要因となってストロークがしっくりこないプレーヤーにとって、同シリーズはまさに夢のような逸品。手元側に長さ調整機能を搭載しているため、手元側に重量がくるワケですが、手元側が重いとゆったりしたストロークをしやすくなります。良いパッティングは、ストロークした手元のスピードとボールの転がるスピードに統一感があります。ゆっくりストロークする人は、ボールの転がるスピードもゆっくりですし、その逆も然りです。自分のイメージに合わせて、そういったスピードの調整をこの長さ調整機能で行うというのも、ゴルフを深く楽しむ上で非常に素晴らしいポイントだと思います。 続いて『TR溝』の効果ですが、ミスヒット時でも距離のバラツキが少ないことに驚かされます。非常にソフトな打感にも関わらず、微妙なタッチやフィーリングまできちんと手に伝わってくるという優れた点も特筆に値するでしょう。この辺りの繊細さは、『スコッツデール』という名器の名を冠しただけありますね。同社の長年培ってきたノウハウをこのパターに注ぎ込んでいる、そんなこだわりが伝わってくるモデルです」

商品データ

PING Scottsdale TR Putter

同シリーズは大きな特長が2つある。1つは、スイートエリアを最大限に大きくした「新TR溝」をフェースインサートに採用したこと。これは、中央部を深く(約0.43mm)、周辺部を浅く(約0.20mm)することでボール初速が約50%も安定。ミスヒット時でも距離のバラツキを最小限に抑えてくれる優れた画期的なインサートだ。2つめは、細かい長さの調整で最適なストロークができる「長さ調整機能付きシャフト」を搭載したこと。市場では34インチが主流であるが、それを緻密且つ簡単に調整できるのは魅力のひとつといえるだろう。自分に合った正しい長さに調整することで、大幅にストロークが安定。より精度の高いインパクトを実現可能にしてくれる。シリーズのモデル数も豊富で10機種をラインアップ。加えて、同社の提供するパッティング解析アプリ『iPING』を併用すれば、本当に自分に合った1本を見つけることができるだろう。

■ヘッド素材:17‐4 ステンレススチール

■インサート素材:6061アルミニウム

■価格:1万9950円~(モデルにより異なる。セミロング、ロングモデルも有り)

人気のグリップ『Super Stroke』!!11月よりオプションサービスを開始

PING Scottsdale TR Putter

■モデル:Mid Slim2.0 ホワイト×レッド

■価格:3675 円(税込)

商品のお問い合わせ

ピンゴルフジャパン

TEL:03-5916-1812

URL:http://www.ping.com/

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

    • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

    • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • 触る程度に握るグリップで アプローチの幅も広がる『ウィン スパイラルプラス』

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)