1. 注目記事
  2. ギア評価

BETTINARDI GOLF KUCHAR MODEL 1

ギア評価 この記事を書いた人:
 

BETTINARDI GOLF KUCHAR MODEL 1

BETTINARDI GOLF KUCHAR MODEL 1

永井延宏プロの試打インプレッション

「34インチの『スタンダードスタイル』と、いわゆるマット・クーチャーが使用している36.5インチの『アームロックスタイル(中尺)』がラインアップされているそうですが、今回は『スタンダードスタイル』を試打してみました。ベティナルディといえば” ハニカムミーリング” が特長ですが、さらに”FIT フェース” 加工を施しているため、よりソフトな打感が伝わってきます。形状はフランジが広めのボックスタイプで、ストロークするとフランジタイプのシャープさと重心の深さが、程よく融合していますね。また、フェースバランスモデルでベントネックというデザイン、ベティナルディならでは打感の柔らかさ、質感の高さ、クールなデザインなど、すべてが高いレベルで融合していると思います。機能的にはフランジの幅が広い形状ですから、アドレス時には、ターゲットに対してスクエアに構えやすく、深重心のヘッドですのでゆっくりとしたストロークのプレーヤーには、転がりのよいパッティングにつながり、ミドルパットやロングパットで効果を発揮しそうですね」

商品詳細

削り出しパターの代表格といえば「ベティナルディ」。精密金属加工の圧倒的な技術力が、そのバックボーンで、今季米国ツアーなどで3勝をマーク。日本市場でも、密かなブームを巻き起こしている。今回紹介するのが、PGAツアーで活躍するマット・クーチャー選手が使用する、その名も『KUCHAR MODEL 1』。その形状は、伝統的なブレード形状とマレット形状を融合したフランジ部が幅の広いパター。ブレード形状から生み出されるトゥ・ヒールバランスと、マレット形状から生み出されるダブルベントシャフトにマッチするデザイン、そしてフェースバランスが1本のパターで融合した。その結果、ストレート・トゥ・ストレートのストロークをゴルファーに想起させ、カップインの確率が飛躍的に高まるという。そして「ベティナルディ」ならではの打感。さらなる柔らかい打感を求めて、インパクトエリアに施した「FITFACE」なるグルーブ加工も特長だ。バリエーションは、「スタンダードモデル」とクーチャースペックのロフト7度「アームロックモデル」をラインアップ。

■価格:オープン(店頭実勢売価5万円税抜)

BETTINARDI GOLF KUCHAR MODEL 1

商品のお問い合わせ

ベティナルディゴルフ

TEL:03-3259-3339

URL:http://www.bettinardi.jp

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【終了しました】キャロウェイ『エピック フラッシュ』発表会LIVE配信

  • ミズノ、中藤博一氏がゴルフ事業部長を退任

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

関連記事

  • 衝撃のフィーリング!『MYSTERY(ミステリー) CF-455TOUR ドライバー』を試打検証

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

  • イーグルビジョンネクストを使ってベタピンを狙えるのかテストしてみた!

  • ツアーB XD試打レビュー:初体験の打感、金属弦が初速を上げる!