1. 注目記事
  2. ギア評価

ダイヤコーポレーション Bobby Grace Putters AMG Series

ギア評価 編集部

ダイヤコーポレーション Bobby Grace Putters AMG Series

ダイヤコーポレーション Bobby Grace Putters AMG Series

永井延宏プロの試打インプレッション

「『AMG-344』は、プロが好みそうなオーソドックスなアンサー型。非常にすわりが良く、フェースが被らないので、ひっかけるミスがなくなるでしょう。そして、構えた瞬間、フォーローをアッパーに出しやすいイメージが湧くので、ラインにのせやすいモデルです。この辺りは、さすがボビー・グレイスといったところ。続いて、『AMG-373』は、ベントネックを採用したモデル。同モデルの特長は、テークバックを低く引きやすいこと。アマチュアゴルファー多くは、ヘッドをすぐに持ち上げてしまうため、ボールに対し、ヘッドが上から入ってしまいます。そうなると、余計なバックスピンが発生し、転がりが安定しません。同モデルは、そういったミスの多いアマチュアゴルファーの矯正用パターとしてもオススメしたいモデルです。最後に、『AMG-819』です。通常、センターシャフトのモデルは、ストロークした際、ヘッドを感じにくいのですが、同モデルはトウとヒールにボリュームを持たせたことで、バランスもよく、しっかりとヘッドを感じられるモデルに仕上がっています。今回、新しい3機種を試打しました。フェースインサートに関しては、従来から定評のある『HSM』テクノロジーをしっかりと踏襲。しかも、弓なり形状の効果も加わり、転がりがよく、ボールをホールへ導いてくれます!」

商品詳細

『ボビー・グレイス』パターのAMGシリーズに、ピン型の『AMG-344』、ベントネック形状の『AMG-373』、マレット型の『AMG-819』の3モデルが加わった。 同シリーズは、”3つのスイートスポットを持つ世界で唯一のパター” と謳う「HSM」というフェースインサートがあまりにも有名で、ミスヒットした際にも距離を落とさずホールに向かっていくと巷で好評を博している。さらに、「The Insert Evolved」と呼ばれるインサートテクノロジーを搭載。これは、インサート部分をティアドロップ形状にすることで、インパクトした際、ボールに順回転をかけやすくするためのテクノロジー。加えて、同フェースインサートに溝を加えたことで、バックスピンの発生を防ぎ、操作性と正確性が向上。より安定した転がりをもたらすよう設計されているのだ。これだけの技術を搭載したパターが、本体価格2万3000円。転がりだけではなく、コスパにも優れた同パターをぜひ試してほしい。

■サイズ:33、34、35インチ

■ライ角:71°±1

■素材:ステンレス

■本体価格:2万3000円

ダイヤコーポレーション Bobby Grace Putters AMG Series

ダイヤコーポレーション Bobby Grace Putters AMG Series

「このインサートが安定した転がりをもたらしてくれます!打感もやわらかく、くっつく感じでラインにのせやすいです」(永井プロ)

商品のお問い合わせ

ダイヤコーポレーション

TEL:03-3384-3311

URL:http://www.daiya-idea.co.jp/golf/bobby.html

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証