1. 注目記事
  2. ギア評価

和宏エンタープライズ 『MYSTERY CF-425 HC』

ギア評価 編集部

和宏エンタープライズ 『MYSTERY CF-425 HC』

和宏エンタープライズ 『MYSTERY CF-425 HC』

永井延宏プロの試打インプレッション

“あと5Y”が期待できる高反発ヘッド 425緕、でも「スイートエリアは広い」

「へッド体積は425緕、と高反発タイプにしては、それほど大きくなく、非常にオーソドックス。クセのない洋ナシ形状で、上級者好みの顔つきです。フェースの見え方もすっきりしていて、ライ角はアップライト。フェース角もほどよいフックでつかまりがよさそう。ターゲットに対して非常に構えやすく、すわりもいいですね。カラーリングはバーガンディとブラックの2タイプがあり、前者は落ち着いた色で高級感を醸し出す。また、ソールに配したロゴデザインは斬新で、所有感という部分でも満足度は高い。 実際に打ってみると、高反発らしい弾きで、ボールの初速感がある。打球音は爽快そのもの。高反発にありがちな、割れるような金属音でないので、練習場で打っていても気にならないでしょう。ヘッド体積は操作性を重視した425緕、ですが、フェース面上のスイートエリアは広いと感じました。打点が多少バラけてもインパクト効率が落ちません。トラックマンの計測でも明らかで、ミート率1.5かそれ以上と数値が裏付けています。ヘッド重量は、シニア・レディス向けに188gと425緕、にしては軽めの設定。さらに軽量シャフトと組み合わせれば、総重量が抑えられので、HSのアップも期待できるでしょう」

エイジシューター・塩田正 81歳が高反発を打ってみた

「 いい色だなぁ。バーガンディは落ち着くね。ヘッドの大きさも丁度いい。我々みたいな年配ゴルファーはパーシモンでゴルフを覚えたから、違和感なく構えられる。だから結果もいいんだな。HS39m/s、打出角15・4°、キャリー195y、トータル213yは本日の最長飛距離を記録。球の重みが手に伝わって、球もしっかりつかまるから、安定したドローボールが打てました。最近、体や膝の動きが鈍くなったと感じる、ベテランシニアにズバリ、ミート。セカンドショットを高反発FWで繋げば、400Yのミドルもパーオンが見えてくる。我々の年代は、あと5Yが欲しいわけですよ。このヘッドなら夢じゃない」

商品詳細

■ロフト:11°、11・5°、12°

■ヘッド体積:425緕、

■ヘッド重量:188g

■重心角:21.5度

■カラー:ブラック、バーガンディ

■価格:オープン

■ルール不適合(高反発)

商品のお問い合わせ

和宏エンタープライズ

TEL:06-6390-6131

URL:http://www.mystery-jp.com

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 『MEGEM(ミゲム)』MIRAIが放つ低スピンヘッド!蒼い宝石を徹底検証

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

  • あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト