1. 注目記事
  2. ギア評価

TRPX AURA(アウラ)

ギア評価 編集部
1505_trpx
check point

  • ■ハードヒッター向け
  • ■元柔&先硬のバランスが絶妙
  • ■製品完成度は高い

永井延宏プロの試打インプレッション

開発コンセプト通り、確かにインパクトが厚く、エネルギー伝達力の高さをものすごく感じます。手元(柔)と先端(硬)の剛性に大きな差がありますが、そのギャップを埋めているのがストレート層の部分。1本のシャフトとして、振りやすいバランスにきちんと収めている点は流石で、モノづくりは非常に良くできている。今回、硬度S(62g)を試打しましたが、スペック以上に重量としっかりさがある、というのが第一印象です。いかにもハードヒッター向けで、シャープに振っていける。なので、長さは最大 45.5インチまでの設定が見えてきます。従来の概念にはない、個性的なシャフトですが、トータルで扱いやすいシャフトに仕上げている点が◎。フレックスはR~Xの5タイプがありますので、ゴルファーのヘッドスピードに合わせて、しっかりフィッティングしてあげましょう。ハードヒッターは試してみる価値大。

堀内映伸の Buyer’s EYE

シャフト重量が50g、60gと増していくに従い、ボールを押す感覚は薄れてくるもの。そういう感触が『AURA』には一切なく、芯を外してもシャフトがボールを持っていってくれる力強さを感じました。私はボールを叩きにいくと、スピン量が増えて弾道も高くなってしまいがち。『AURA』なら余分な高さがでないので安心感がある。良くできた1本。

商品詳細

5月に投入されたTRPXの新製品『AURA(アウラ)』の開発テーマは、「叩いても当たり負けしない、ではなく当たり負けさせないこと」―。BUTTフレックスとTIPフレックスに2フレックスの差をつけているのが特長で、「TIP側を2フレックス硬めに設定しプレーヤーの持っているパワーを余すことなくボールに伝えます」(同社)具体的には、先端剛性を強めることで、ダウンスイングで手元側にエネルギーを十分にためながらインパクトまで持続。さらにインパクトでは、1tともいわれる衝撃を先端側で跳ね返す仕組みで、ダウンスイングでためたパワーを一気に解放。厚みのあるフィーリングで、重みのある強弾道を生み出す。さらに続けて、「ひとの感覚は非常に敏感です。データを開示することで先に目や耳から情報をいれてしまうと、そのように感じて打ってしまうのも人間です」(同社) そのためTRPXでは敢えて「トルク・キックポイント」の開示を行っていない。換言すれば人の感性に訴えかけるシャフトということである。 フェアウェイ専用の『Red Hot』2タイプ(タイプS、タイプP、4万円)も好評発売中。
■価格:各1本5万5000円

商品のお問い合わせ

TRPX

TEL:03-6453-4216
http://www.trpx.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

1505_trpx

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証