1. 注目記事
  2. ギア評価

ニコンイメージングジャパン COOLSHOT

ギア評価 編集部
1505_nikon

check point

  • ■レーザー距離計が苦手なゴルファーにもオススメ!
  • ■驚異的なレスポンスで、使いやすさアップ!
  • ■ずば抜けて見えやすい高性能ファインダー!

永井延宏プロの試打インプレッション

特に気に入ったのが、『ワンプッシュ連続測定機能』です。連続照射してくれますから、レーザー距離計が苦手だったゴルファーもストレスなく、ターゲットを測距することができるでしょう。セルフプレーが多い昨今、正確な距離が分かることで、プレースタイルも変わり、スコアアップも期待できます。また、雨の日のプレーでも安心して使える防水性、プラスチック製のボディーに仕様を変えたことによる軽量化、耐久性の向上など、ゴルファー目線で取り組むモノづくりの姿勢は、特筆すべきポイントだと思います。また、レーザー距離計は自分のゴルフプレーのみならず、トーナメント観戦に持っていくことをオススメします。プロのドライバーショットの飛距離、セカンドはどのぐらい残っていて、その距離からどういう球筋で攻めるのか?なんていう使い方をするのも面白いですし、勉強になると思います!

高橋晋平の Buyer’s EYE

競技においても使用可能なケースが増えていることに加え、価格がお手頃になったので、レーザー距離計は売れ筋商材です。特に、同社製品は他社製品と比べ、ずば抜けてターゲットが見えやすいのが特長的。おそらくレンズやファインダーが高性能なのでしょうが、とにかくキレイの一言。また、優れたワンプッシュ連続測定機能が付いているので、よりターゲットが狙いやすく、何度もボタンを押すことによる手振れの心配もないですから、使いやすいのも嬉しいですよね。

商品詳細

同社はこのたび、高低差をふまえた加減算距離を測定・表示する『COOLSHOT 40i』、直線距離専用モデル『COOLSHOT 40』の2機種を発売した。機能については、ご存知の読者が多いので、あえて説明を省くが、新機種の特筆すべきポイントは次の2点。①速い測距レスポンスを可能にする「HYPER READ」②高い測距性能 ①については、ニコン独自の測距アルゴリズムの搭載により、目標物までの距離に関わらず、約0.5秒という速さで測定結果を表示。②については、8~650yds.(7.5m~590m)までの直線機能が測定でき、0.5yd. または0.5m刻みでの表示が可能。ゴルファーのための使いやすさを徹底的に追求した次世代レーザー距離計だ。

※ブラックのボディーが『COOLSHOT 40i』、ホワイトが『COOLSHOT 40』、ともにオープンプライス。

商品のお問い合わせ

ニコンイメージングジャパン

TEL:0570-02-8000

http://www.nikon-image.com/

  • ∇ <a href=””>
  • <a href=””>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

1505_nikon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証