1. 注目記事
  2. ギア評価

ゴルフバディージャパン Golf Buddy

ギア評価 編集部
check point

  • ■ファッション性も高く普段づかいもOK!
  • ■これひとつで世界中の37,000コースで利用可能!
  • ■腕時計としても使えるGPS距離計!

永井延宏プロの試打インプレッション

『WT5』は腕時計型ではありますが、モニターが大きくて文字が見やすい!また、マニュアル操作になりますが、ピンポジションの設定も可能ですので、より正確な残り距離表示が可能です。また、ハザードまでの距離も的確に、そして瞬時に知ることができますので、進行の妨げにならず集中してプレーすることが可能。一方、『BB5』はファッショナブルなバンド型モデル。LEDの文字表示も非常に鮮明で見やすく、グリーンセンター、フロントエッジ、奥というシンプルな距離表示なので、よりプレーに集中したいゴルファーにオススメしたいモデルです。さらに、同モデルは、リストバンドの付け替えも可能ですから、その日の気分やファッションに合わせるのも楽しみのひとつだと思います。どちらの機種もかなり軽いので、違和感なくスイングできます。ファッション性・デザイン性にかなりこだわった両機種ですので、普段は腕時計として使えるのも嬉しいポイントですね。

高橋晋平の Buyer’s EYE

両機種とも時計機能が付いていますが、GPS距離計に時計が付いているという考え方ではなく、『時計にGPS距離計が付いているんですよ』という発想をセールストークにすれば、時計ひとつ買う価格でGPS距離計が買えるんですから、そう考えればとても安い買い物になると思います。ですから、いかに普段づかいできるかがカギ。その点、両機種ともスポーティーかつスタイリッシュなデザインですから、心配ないでしょう。特に、『BB5』はリストバンドの交換もできますから、人気の商材になること間違いなし!発売が楽しみです。

商品詳細

『BB5』は、小型かつ軽量(34g)の設計でスイングの邪魔にもならず、高輝度LEDディスプレイ上にグリーンセンター、エッジ、奥までの残り距離を順次表示し、飛距離測定も可能なモデル。一方、『WT5』も軽量(64g)モデルで、『BB5』同様の距離表示に加え、バンカーや池などのハザードまでの残り距離を表示。さらに、ボタン操作により、ピン位置までの残り距離を表示することも可能な次世代腕時計型GPS距離計だ。ほかの機能として、飛距離測定、スコア入力、GPSトラッキング機能も搭載。また、両機種とも、世界中の約37,000コースのゴルフ場に対応。通常は腕時計として使用できることも付け加えておく。ちなみに、『BB5』は時計モードで約20日、『WT5』は同約35日の使用が可能になっている。
『BB5』製品仕様
■価格:26,892円(税込)
■防水性:IPX5相当
■使用時間:ゴルフモード約10時間、時計モード約20日

『WT5』製品仕様

■価格:21,492円(税込)
■防水性:IPX7相当
■使用時間:ゴルフモード約8時間、時計モード約35日

商品のお問い合わせ

ゴルフバディージャパンジャパン

TEL:0120-961-968
http://golfbuddy.jp/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • ジュピターテレコム、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム工業、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • 高根カントリー俱楽部、小池武人氏が支配人を退任し、取締役に就任

関連記事

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた

  • ゴルフの聖地・スコットランドの『TDN GOLF』キャディバッグを常住充隆プロが解説

  • 『VATIC』のFW&HYを試打 「同じ振り」ができるクラブ?

  • 9色から選べる『カデロ2×2ペンタゴンデュオスペシャルUT』を永井プロが徹底解説

  • 藤倉の米国逆輸入モデル『ベンタスブラック』試打レビュー!