1. 注目記事
  2. ギア評価

グローブライド GⅢ Driver HR(高反発)

ギア評価 編集部
1505_globeride
check point

  • 圧倒的なボール初速とつかまりのよさ!
  • クラブ性能のみならず、仕上げの美しさが秀逸!
  • 打っていてワクワクするドライバー!

エイジシューター塩田正氏の試打インプレッション

え? いまので193ヤード !? まだ7割ぐらいの力でしか打ってないよ(驚)。私は今年で83歳、この歳で200ヤードを飛ばすってのは、まさに夢のような話。普段通りのスイングで打てば、ほら200ヤード超えてるよ。これは本当に嬉しいねぇ。『GⅢ』は、ヘッドのすわりが良く、且つソールにひっかかりがないので、スムーズにテークバックができるねぇ。構えてワッグルしただけで、振り抜きやすいイメージが湧いてくるよ。さらに、クラウン部のゴールドの煌きが余計な目力を抑えてくれて、不思議と気持ちが落ち着くなぁ。高反発フェースによるボール初速の向上、ロースピンで大きな飛びを実現できることはもちろん、特筆はシャフト特性とのマッチング。同シャフトは、飛ばないシニアゴルファーにありがちなアーリーリリースを助けてくる手元のタメが感じられるねぇ。手元のタメから、中間部がしなり、そして先端がインパクトで走って最後の一押しをしてくれる。まさに、自分のスイングしたエネルギー以上のパワーをシャフトが増進させ、ヘッドからボールに伝えてくれるドライバーだね。

堀内映伸の Buyer’s EYE

当社でも高反発クラブの売れ行きが伸びていますが、その中でも『GⅢ』はブランドの信頼度が高く、独自の世界観、仕上げの美しさが秀逸ですね。高級感のみならず、所有感も存分に満たしてくれるモデルです。いうまでもないですが、かなり飛びますよ。

商品詳細

「すべては大きな飛びのために」―。
そう掲げたコンセプトのもと、『GⅢ』が導き出した答えは、同社過去最高レベルの反発係数「0.875」を誇るニューハイパーチタンフェースの採用。圧倒的なボール初速と、最適重心設計がロースピンの強弾道を生み出してくれる。さらに、シャフトは何百種類ものフィッシングロッドをカーボン素材から開発した「DAIWAのカーボンテクノロジー」を惜しみなく注ぎ込んだ「SVF LITE」を装着。軽さとパワーを両立させたシャフトによるパワフルな弾きで大きな飛びを実現。体感したことのない飛びを、ぜひこの一本で味わってほしい。
■価格:10度(R、SR)、11.5 度(R)/ 1本12万円

商品のお問い合わせ

グローブライド

TEL:0120-506-204
http://g3.globeride.co.jp/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の注目記事を受け取ろう

1505_globeride

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるギア情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • イクタの公式フローリング アンバサダーに井上莉花 が就任

  • ヨネックス、取締役候補者、執行役員選任(内定)に関するお知らせ

  • スリリング、オフィス移転のお知らせ

  • キャロウェイゴルフ、キャロウェイアパレルと合併

関連記事

  • やさしさと高弾道にこだわったMYSTERY『C-HT520』フルチタンフェアウェイウッド

  • 三菱ケミカル『TENSEI プロ ホワイト 1Kシリーズ』高初速と飛距離をもたらすシャフト

  • 飛びで評判の新『TOUR B JGR ボール』初速・打ち出し角・スピン量の3要素がマッチ!

  • ウエイト交換で飛びとつかまり具合が変わる『ソナテック TDⅡ』を試打

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた