1. 注目記事
  2. ギア評価

フットジョイ HYPERFLEX Boa

ギア評価 編集部
check point

  • ■斬新で人目につくデザイン
  • ■ヨコの動きにも対応
  • ■アパレルとのコーディネイトが◎

戸堀慎二氏(ヴィクトリアゴルフ青山店チーフ)のインプレッション

『HYPERFLEX Boa(ハイパーフレックス ボア』を発売してまだ10日前後ですが、売れ行きは上々です。購入者は『フットジョイ』のファンが中心ですが、印象としては若者が多いですね。見た目の通り、斬新で人目につくデザインなので、”これ、何ですか?”と聞いてくる人がけっこういます。従来のスポーツタイプはタテの動き(歩行時)は快適な一方、ヨコの動き(スイング時)に対しては安定感に欠ける印象がありました。『ハイパーフレックス』もスポーツタイプに入るとは思いますが、ヨコの動きに対して強い。これはヒールに搭載された「オプティマイズ パフォーマンススタビライザー」が踵、足首をしっかりホールドしてくれるためです。だから、”ちょっと履いてみてスイングの動作をしてください”といえば、お客様はその良さを理解してくれます。また、足のズレやスリップを軽減する「ヒールマウント」のボアは『フットジョイ』だけで、履き口のしっかり感は他社品にはありません。この点もアピールポイントになりますね。順調な滑り出しの『ハイパーフレックス ボア』ですが、今後の動きにも期待しています。特に夏場のアパレルとのコーディネイトがしやすいので、その辺りも推奨しながら売上を作っていきたいと思います。

商品詳細

『ハイパーフレックス ボア』は独自の「フレックスグリッド」スケルトンアッパーマテリアルにより、軽量性、柔軟性、防水性、クッション性に優れたニューモデル。ソフトな軽量メッシュタイプに多い横方向への動きの弱さを解消、ゴルフに必要な足の動きをサポートする。その他にも、柔軟で高いクッションを発揮する「FTF 2.0ミッドソール」、かかと部を安定させる「O.P.S.」など、最新のテクノロジーを搭載。さらに、ゴルフシューズでは、フットジョイだけが採用できる、ヒールマウントの「BoaR クロージャーシステム」で、防塵性能をより高めた、洗練されたデザインのクリアタイプのダイヤルも採用。デザインと機能性を融合させた新カテゴリーのゴルフシューズとして注目されそうだ。
■カラー/ネイビー×グリーン(51001)、オレンジ×グレー(51018)、ブラック×レッド(51078)、ホワイト×グレー(51053)、グレー×オレンジ(51061)
■51053のウィズ・サイズ/W24.5~28.0㎝、※29.0㎝、※30.0㎝ XW24.5~27.5㎝  ※数量限定サイズ
■51001、51018、51078、51061のウィズ・サイズ/W24.5~27.5㎝
■価格/オープン(実勢価格:2万1000円+税、ゴルフ用品界調べ)

取材協力

ヴィクトリアゴルフ青山店

TEL:03-5414-1460

商品のお問い合わせ

アクシネットジャパンインク

TEL:0120-935-325
http:// www.footjoy.jp

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • トラックマンジャパン、オフィス移転のお知らせ

  • 渡辺製作所 ソケットカタログ2020 – Webカタログ

  • 中九州カントリークラブ、役員選任のお知らせ

  • ダンロップスポーツマーケティング、役員選任のお知らせ

関連記事

  • 巣ごもり企画 自宅で打ち放題!『自動返球ゴルフネット』をすし石垣プロが試してみた

  • 巣ごもり企画 すし石垣プロが正確にヒットするパター練習機『芯打ちクン』を体験

  • 巣ごもり企画 すし石垣プロが『フレループ』でスイング改善に成功!?

  • 巣ごもり企画 すし石垣プロが『Joy Golf Smart+』を体験

  • 高機能スポーツインソール『エナジーアルファ』を検証 ゴルフは足元が大事?

  • 巣ごもり企画 すし石垣プロが『ソリッドゲート』にのるまでチャレンジ