1. 注目記事
  2. ギア評価

ブリヂストンスポーツ ゼロ・スパイクバイター

ギア評価 編集部
check point

  • ■タイヤ技術と共同開発したソール
  • ■ツアー2勝のスパイクレス
  • ■BSG初のレディスシューズ

プロダクト担当者インタビュー(株)ブリヂストン イノベーション本部デザイン企画部 武居吾空氏

このゴルフシューズは、ブリヂストンが初めて本格的にブリヂストンスポーツと共同開発を行った製品です。ソールのブロック形状には、走破性の高いモトクロスタイヤのトレッドパターン技術を応用したほか、ゴムの配合にもタイヤ技術を応用。ゴルファーのスイングを解析しながらプロトタイプを作っていった経緯があります。グリップ力とクッション性を追求した結果、ゴムと樹脂をハイブリッドしたソールが完成。様々なスイングシーンに対応できるよう、面全体に配置した突起で地面を噛む仕組みです。『バイター』は、ブリヂストンの得意分野をスポーツ部門にも広げた意欲作といえます。

ブリヂストンスポーツ(株)用品企画統括部フットウエア企画 佐々木吉浩氏

ゼロからゴルフシューズを見直して開発する、をテーマに掲げて生み出したのが『バイター』。前作 SHG450との主な変更点は、ムレを軽減するメッシュ採用と踵部の構造変更によるホールド性の向上です。昨年は店頭試履イベントを70回以上開催。今年も継続して行いますが、一人でも多くの方に性能を体感してもらいたい。契約の宮本勝昌プロはこのスパイクレスで既に2勝しており、トップダウンとの相乗効果で認知度を高めていきます。目標は、スパイクレス市場をBSGが席巻すること――。

商品詳細

ブリヂストンゴルフからグリップ性能を追求したスパイクレスシューズ『ゼロ・スパイク バイター』の新デザインモデル(SHG550)と同ブランド初のレディスモデルシューズ『ゼロ・スパイクバイターCL』(SHG510)が4月、投入された。 メンズモデルは春夏のシーズンにおすすめの3色展開。また、通気性の良いメッシュ素材を履き口内側の素材に採用し、全体のホールド感をアップ。昨年発売した同シリーズモデル(SHG450)に、今回の新しいバージョンを加え、ゴルファーの細かいニーズに応えるラインアップとなっている。一方のレディスモデルは、メンズ同様高いグリップ性能を追求したソールと、レディスモデルとして同社初のダイヤル機能を搭載した。白基調を2色、黒基調1色の計3色で展開。表皮素材は人工皮革を採用し、メンズのエナメルと比較して自己主張しすぎない点が◎。
■価格:オープン

商品のお問い合わせ

ブリヂストンスポーツ

TEL:0120-116613
http://www.bs-golf.com/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 信州塩嶺高原カントリー、役員選任のお知らせ

  • ゴルフランド、九州および台湾営業エリアをゴルフランドウエストへ全面委託

  • 福山ゴルフ社長の橋本征侍氏が逝去

  • 日高カントリークラブ、役員選任のお知らせ

関連記事

  • DAYTONA SPEEDER XをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • ゴルフの聖地・スコットランド発祥の『TDN』キャディバッグを常住充隆プロ&高沢奈苗さんが解説

  • アイドル山本茉央と永井延宏がPING『GLe2』を試してみた

  • ベンタス TR ブルーシャフトをHS40m/sのアマチュアゴルファーが試打検証

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『B-LD』(ブリヂストン)を試してみた

  • アイドル山本茉央と永井延宏が『ONOFF LADY』(グローブライド)を試してみた