1. 注目記事
  2. ギア評価

GRVITY GOLF WACCINE compo. GR350

ギア評価 編集部
1506_gravity
check point

  • ■低スピン弾道でランを稼げる
  • ■手元のしっかり感を活かして長尺仕様に!
  • ■シニアがアスリートモデルのヘッドを使えるシャフト

永井延宏プロの試打インプレッション

『ワクチンコンポ』と言えば、振り子バランス理論で飛ぶと噂のシャフトです。今回の『GR350』は特に先端の重量配分が効果的に機能して、より強い弾道でキャリーを稼ぎながら、ランも稼いでトータルの飛距離を伸ばそうとしている意図がよく分かりますね。先端からミッド辺りまでインパクトに良い影響を与えており、前へ前へボールを押していくような厚いインパクトを迎えてくれます。いわゆる低スピンの弾道で、フェアウェイの状態にもよりますが、乾いていれば15~20ヤードはボールが転がるというシャフトに仕上がっています。もちろん、振り子バランス設計ですから、カウンターバランス構造で手元のしっかりしたフィーリングも感じられます。そういう意味では長尺仕様で活用することが望ましく、46インチ以上が理想ですね。重量帯もフレックスによって幅が広いので、ヘッド重量にあわせてカスタマイズできるのも嬉しいシャフトです。

堀内映伸の Buyer’s EYE

シャフトの中間部を感じないですが、だからと言ってタイミングが取り辛いシャフトではないですね。商材としてはシニアゴルファー向けですが、逆転の発想で、体力は無いけどちょっとアスリートモデルのヘッドを使いたいというシニアゴルファーに勧めると、アスリートモデルも使えるようになるかもしれません。

商品詳細

グラビティーは6月下旬、アクティブシニアに向けたドライバーシャフト『ワクチンコンポGR350』を発売する。初代の長尺向けシャフト『GR51k』の後継モデルで、キャリーだけではなくランも稼いで飛距離を伸ばすというのがコンセプトだ。ワクチンコンポシリーズは「振り子バランス理論」を基軸に、「軽くても重さを感じるシャフト」を提案。今回の『GR350』も同様の設計思想で、全体重量を12%減少させることでヘッドスピードを加速させながら、1本のシャフトの中での重量配分を徹底的に練り直し、シャフトの両端に重量を配置することで、ミート率を向上させた。初代の『GR51k』は、スライサーでも球が捉まるという開発コンセプトだったが、『GR350』は『GR51k』を踏襲しながらキャリーとランで飛距離を稼ぐのが開発コンセプト。そのために、シャフト先端が走るよう、シャフト両端に配置する重量を増加させている。もともとシャフトの両端に重量物を配置する構造は、先端を補強する手法だったという。それを改良し、金属粉をプリプレグに練り込み、そのシートをシャフト両端に採用したのが同社の「振り子バランス理論」の始まりだ。軽くても重く感じることで、ミート率とヘッドスピードが増加して、大きな飛距離に繋がる。
■価格:8万円
6月25日発売予定

商品のお問い合わせ

グラビティー

TEL:0800-111-1848
http://gravitygolf.jp/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

1506_gravity

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • グラビティー、事務所移転のお知らせ

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

関連記事

  • イーグルビジョン Watch5|シェアNo.1ブランドの5代目はどう進化したのか?

  • ぶっ飛びの『カムイプロKP-01』は3つのヘッド重量が選べるドライバー

  • MYSTERY HS820アイアン|最大飛距離と最大慣性モーメントを求めたモデル

  • 徹底解説『ARTISAN GOLF IRON SERIES』マイク・テーラーが放つ鍛造アイアン

  • あらゆるパター練習が可能 『ダイヤオートパットHD』で3パット撲滅

  • 『TOUR B』の最新2020モデル アイアン3種・ウエッジ2種を打ち比べ!