1. 注目記事
  2. ギア評価

イオンスポーツ TW15 GIGA FORGED Wedge

ギア評価 編集部
1507_eon
check point

  • ■ティアドロップ+ほど良いストレート感のいいトコ取り
  • ■ウェイト可変でショット自由度が飛躍的に向上
  • ■顧客との会話が楽しめそうな工房向け商材

永井プロ&石川氏の試打インプレッション

永井プロ:ヘッドの仕上げは、シルバーとブラックの2種類があり双方ともティアドロップ形状ですね。この形状は通常、いわゆる出っ歯が多いのですが、このモデルはほど良いストレート感があるのでエッジからシャープに打ち込んだりソールを滑らしたりと、かなりオールマイティな打ち方に対応できます。
石川氏:今までにない発想ですね。やや長めの日本の芝には合っていると思います。
永井プロ:それとウェイトをヒール寄り、トウ寄りに可変できるのも個性がある。ヒールウェイトにすれば、いい意味でボールの勢いを無くすことができるので、思い切って振り抜いても飛び過ぎがありません。
石川氏:ウエッジはフェードでコントロールしたいのですが、このウェイト配分だとヒールが上手く入りやすいので、スピンがかかりやすい。アプローチが強く入り過ぎる人に良さそうです。
永井プロ:一方のトウウェイトは、インパクトの当たり負けが少なく、振った通りの距離が出やすい。オフセンターヒットにも強いので、ミート率に不安がある人にはいいと思います。それに今米ツアーではソールを積極的に使う打ち方が主流になっているのですが、こういった打ち方にはトウウェイトの方が合う。そういった意味で積極的にソールを使っていけるメリットもありますよ。
石川氏:フェースがすごく返りやすいイメージがあるので、ヒールが引っ掛かりませんね。ウエッジのミスで多いのがダフリで、その主な原因はヒールが引っ掛かってしまうこと。ダフリで悩んでいる人にはいいでしょうね。
永井プロ:機能満載で顧客と会話を楽しみながらベストな1本を作れる、工房商材にピッタリだと思います。

商品詳細

■ラインアップ:サテンシルバーモデル、ブラックIPモデル
■ヘッド素材/製法/仕上げ:軟鉄鋳鍛造(S20C)/サテンシルバーモデル:クロムサテンメッキ、ブラックIP加工:銅下メッキ/ブラックIP加工
■ウェイト:タングステン、チタン(1g)
■付属品:L型レンチ、取扱説明書
■ロフト角(ライ角):50度(63.5度)、52度(63.5度)、56度(64度)、58度(64度)
■ヘッド価格:1万7000円+税(サテンシルバーモデル)、2万円+税(ブラックIPモデル、工房専売モデル)
■クラブ価格:2万2000円+税(サテンシルバーモデル、DGまたはN.Sシャフト)
サテンシルバーモデル(左)とブラックIPモデル。ティアドロップにほど良いストレート感をつけたいいトコ取りのデザイン。画像からもレーザーミーリング加工でスピンがかかりそうな印象を受ける。

商品のお問い合わせ

イオンスポーツ

TEL:0120-01-3672
http://www.eon.co.jp/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

1507_eon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証