1. 注目記事
  2. ギア評価

FUJIKURA スピーダーエボリューションIIを永井プロが検証

ギア評価 編集部
150812_fujikura

操作性が向上した、叩けるシャフト 気持ちよく振り抜いて飛距離アップ!

  • 一点集中のエネルギー感
  • イメージ通りのインパクトを実現!
  • 10g軽い重量帯の選択がオススメ

永井プロの試打インプレッション

ワッグル時に余計な動きもしませんし、スイング時には、剛性感がしっかり伝わってくるシャフトです。

またインパクトに向けてエネルギーが一気に集中していく感覚がありますね。従来の『スピーダー』でイメージする”しなり戻りの強さ”に加え、一点集中のエネルギー感が加わったのが、新製品の特徴だと思います。

無駄な挙動がない分、自分のスイングイメージに合わせやすいと思いますし、エネルギー効率も確実に向上しています。

さらに手元側に銅箔が入っていることで、手元の重量感がしっかりとありますから、インパクト時に手元が浮く感覚や暴れるフィーリングはありません。

シャフトと身体の一体感を感じやすいですから、意図するインパクトの再現性が高く、ミート率も上がりそうです。そういった点で、前作の『スピーダーエボリューション』と比較しても、操作性が高いシャフトと言えます。

コスメはオレンジにゴールドのグラデーションが全体に施され、高級感があると同時に、手に伝わるやや金属的な打球感のイメージとマッチしていると思います。

最後にフィッティングの観点から言うと、叩いていけるシャフトですが、個人的には、少し軽めのスペックを選んで、振り切れるものを選んでみると良さそうです。

40g台から70g台までラインアップがありますから、個人的に試していただきたいのは、普段使用しているシャフトより10g軽めのものを選ぶこと。

普段使用しているシャフトと比較した上で、自分に合った適正な重量を選択できれば、シャフトの特性を活かすことができ、飛距離アップが期待できると思います。

スピーダーエボリューションII 詳細

国内の男女ツアーで高い評価と使用率を誇る『スピーダーエボリューション』の飛びに、高い操作性を両立した新モデル『SpeederEVOLUTION Ⅱ』。

フジクラシャフトの特許技術である「Metal Composite Technology(MCT)」が採用されているほか、この世で最も硬い炭素繊維「超高弾性90tカーボン」や、前作から引き続き採用されている東レ社の高強度・高弾性率炭素繊維「トレカ RT1100G」の採用により、幅広いゴルファーがタイミングを取りやすく、適正なスピン量を期待できるシャフトに仕上がっている。

また全長印刷技術を用いたコスメティックは、オレンジをベースにゴールドをまぶしたグラデーションで高級感を演出。通称”オレンジスピーダー”。

  • 価格:4万円
  • 発売日:2015年9月11日(金)

スピーダーエボリューションIIのお問い合わせ

藤倉ゴム工業
TEL:03-3527-8433
http://fujikurashaft.jp


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

150812_fujikura

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 『MEGEM(ミゲム)』MIRAIが放つ低スピンヘッド!蒼い宝石を徹底検証

  • エッジワークス『EG520-MK』『EG519-ML』シャフト投入!インパクトで「叩ける・押せる」

  • 最速粘り系シャフトArch 『CA-01』『CA-01P』を徹底検証

  • ラウンド後のボディケアに 『シリアス 近赤外線温熱LED』を試してみた

  • 『VATIC』ドライバー試打 ヘッド一つで理想の弾道を出せるのか? 徹底解説

  • あらゆるゴルファーを助ける『Diamana TB』ミスヒットに強いシャフト