• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • CRAZY REGENESISシリーズ CB46,FW80C,Royal Decoration FW

    編集部
    SNSでシェアする

    おすすめポイント

    • シャフトがスイングプレーンを導く(RDFW)
    • 上級者がドローボールを打ちやすい(FW80C)
    • シャフトがスイングプレーンを導く(RDFW)

    永井プロの試打インプレッション

    クレイジーのREGENESISシリーズ3タイプを打ってみました。それぞれ既存モデルの進化版という位置づけですが、その性能やいかに?

    CB46

    ドライバー用硬度Sの振動数で10~15cpmの硬さが出ていますが、振ってみると非常にしなやか。手元からのしなりを感じやすく、ダウンスイングのタイミングが取りやすいのが特長的。 インパクトで手を止めて、コックでヘッドを一気に加速させることのできる方がズバリミート。ヘッドリリース時のヘッドの暴れや余計な動きは一切なく、自分のレスポンスでシャフト重量がズドーンと入ってくるような厚いインパクトが可能。独特のやわらかい打感も◎

    FW80C

    60g台中心のFW用専用シャフトですが、実際に持ってみると重量感を感じますね。地面にあるボールをヒットするには、技術的に抑え込むインパクトが求められます。 そういう意味で手元側のしっかり感が出ていて、いかにもFWらしいシャフト。インパクト時は、先端部のキックバック効果でボールをきれいにひろってくれるので払い打ちでもOK。全体的に球をつかまえる挙動ですので、ドローボールが打ちやすい。上級者は武器になるでしょう。

    ロイヤルデコレーションFW

    重量帯は40g台が中心。一般的に軽量タイプはコシが弱い印象がありますが、ロイデコFWはドライバー用同様、全体がきれいにしなる心地よさがある。シャフトがスイングプレーンを導いてくれ、爽快感の先にボールが打ち出されていく。 飛び、方向性ともに◎。セカンドショットでFWを持つ機会の多い方が積極的にピンを狙っていける。クラブ競技に出るアマチュアゴルファーへ推奨したい。

    商品詳細

    ■CB46:各1本5万8000円 ■ロイヤルデコレーションFW:各1本4万5000円 ■FW80C:各1本4万5000円

    商品のお問い合わせ:ニューアート・クレイジー

    TEL:03-3566-9012 http://www.crazy-shaft.com/