1. 注目記事
  2. ギア評価

テーラーメイド ゴルフ「グローレ G」シリーズを永井プロが検証

ギア評価 テーラーメイド 編集部
151008_tmag

グローレ Gのおすすめポイント

  • 初速がとにかく速い(ドライバー)
  • 高弾道、低スピンで球がつかまる(ドライバー)
  • やさしさと飛距離を兼ね備えたアイアン

永井プロの試打インプレッション

まず、ドライバーの構えた印象はシャロー顔でいかにも球が上がりそう。また、ネック側のウエートはドローバイアスで、ライ角もアップライトですからつかまり系ということがいえます。

打ってみましたが、とにかく初速が速い。このあたりは、同社の代名詞である「スピードポケット」の効果によるものでしょう。

今回、同社史上最大幅(14mm)と深さ(12mm)になり、研究を重ねているのが伺える。フェース部は、トゥ側が肉厚でヒール側がやや薄い構造とのことですが、確かにトゥヒットしても球がしっかりつかまりますね。

シャフトは全体がしなやかにしなり、先端部の高弾性シートにより剛性を高めている。クラブ総重量はRフレックスで 263g。グローレ『F』と同じターゲットを意識しながらも、『G』はよりゆっくりスイングする方にお薦めです。

アイアンのフェースもかなりシャロー。#7アイアンを打ってみると、高弾道・低スピンで2番手以上は飛んでいました。いわゆるぶっ飛び系アイアンで、バックフェースの厚みがありますが、フェースのトップラインと後部ラインを視覚的にマッチングさせることで、見た目の違和感を解消しているのが分かります。

ソールデザインも特筆すべき点。バンスが効いていてボールをしっかりとらえやすい。ミスヒットにも強いですね。このあたりはフェース面の「フェーススロット」効果でしょう。

総括すると、「構えやすさ」、「つかまりやすさ」、「振りやすさ」を全て兼ね備え、ゴルファーのポテンシャルを大いに引き出してくれるクラブ。質感、機能ともに◎。

グローレ G詳細

11月上旬発売の『グローレ G』は、ドライバーから FW、レスキュー、アイアン(#5 ~ PW、AW、SW)までのフルラインアップ展開。『F』と『G』の棲み分けは、前者が体力に自信のあるゴルファー向け、後者は ” 飛び “と ” つかまり ” に特化して、HS の低下で飛距離不足に悩むゴルファーになる。

グローレG ドライバー

・ロフト角:10.5 度、11.5度
・ヘッド体積:460cc
・シャフト:GL5000(S、SR、R)
・価格:8万8000円

 

グローレG アイアン

・ロフト角:#5(22度)、#6(24度)、#7(26.5度)、#8(30.5度)、#9(35.5度)、PW(41度)、AW(48度)、SW(55度)
・シャフト:GL5000(S、R)、N.S.PRO 830GH(S、R)
・価格:5本セット(#6~PW)GL5000 12万円、N.S.PRO 830GH 11万円
・単品:(#5、AW、SW)GL5000 2万4000円、N.S.PRO 830GH 2万2000円

グロ―レ Gシリーズのお問い合わせ:テーラーメイド ゴルフ カスタマーサービスコール

TEL:0120-558-562
http://taylormadegolf.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

151008_tmag

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

  • アルペン、人事異動のお知らせ

  • キャスコ、東京本社事務所移転のお知らせ

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 記者発表を敢行したテーラーメイド 日本人は『SIM』よりも『SIMグローレ』が合う理由

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?