• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • ディテクト ゴルフスタンスプレート DGP1500

    編集部
    SNSでシェアする

    check point

    • 『プレシオ』との連動が可能
    • 単体でも専用コントローラにて操作可能
    • 斜度可動域が最大10°の本格派
    • 大掛かりな工事が不要

    商品詳細

    練習場では、うまく打ててもコースに行くとダフリ、トップが止まらない・・・。それは、傾斜での打ち方が習得できていないから。そんなゴルファーの悩みをインドアで克服できないだろうか?これから紹介するディテクトの新製品『ゴルフスタンスプレートDGP1500』でズバリ、解決。低価格かつコンパクトで人気の同社製ゴルフアナライザー『Swingbetter PLESIO』と組み合わせれば、ボールが着地した位置の地形に自動的に傾く仕組みだ。既に『PLESIO』を導入しているインドア練習場をはじめ、ゴルフ専門店、工房においては、『ゴルフスタンスプレートDGP1500』と連動させることで、一層集客やレッスンの説得力が増しそう。 同社浮谷卓匡社長によれば、 「対応ソフトウエアはPLESIOの2モードとなりますが、ラウンドモードでは、ショットをするごとにボールが着地した位置の地形に傾き、まさにコースにいる臨場感でラウンドをお楽しみいただけます。また、オンコーストレーニングモードでは、レイアウト図からコース上の任意の位置を選ぶと、その場所の傾斜に合わせてプレートが傾くので、そこからの残り距離を練習することができます」と説明。 つまり、苦手な傾斜及び距離の反復練習が行えるというわけだ。また、練習場などPLESIOをセットできない場合は専用のコントローラにより簡単操作可能で、さらにコイン機器との連動も可能となる。設置は床の上で組み立てるだけの手軽さで、使用電源も100V。基本的にハツリ、コア抜きなどの大掛かりな工事は不要だという。さらに、本体の高さは150㍉に抑えつつ斜度の可動域は最大10°とより実戦向きの仕様も◎。「すべて国内で生産しているので、メンテナンスも万全です」(浮谷社長)―。

    オンコーストレーニング画面 16番ショートホール残り143Y、つま先下がりからグリーンを狙う。

    ■サイズ:1500W×1200D×150H ■重量:約100kg ■電源:AC100V ■IF:USB2 ■設置スペース:3m×3m×5m ■価格:98万円

    商品のお問い合わせ

    ディテクト

    TEL:03-5457-1212 http://www.ditect.co.jp/