1. 注目記事
  2. ギア評価

本間ゴルフ Be ZEAL 525DRIVER&525IRON

ギア評価 編集部
151110_honma
check point

  • ■HONMA らしいオーソドックスな顔(ドライバー)
  • ■高初速で球がつかまる(ドライバー)
  • ■チタンフェースだが、縦の距離感が合う(アイアン)

永井プロの試打インプレッション

『Be ZEAL』ドライバーの構えた印象は、アベレージ向けのモデルなのに、HONMAらしいオーソドックスなスッキリした顔。一瞬、熱意系向けクラブを彷彿させますが、実際に打つと球が良くつかまって、高弾道のドローボールが自然に打てる。クラウンの撓み効果と同時に、フェース上部でヒットすると、より初速が出ていると感じました。装着シャフトは専用に開発されたモデルで、手元から先端にかけてのしなり戻りが緩やか。いわゆる先調子ですが、手元側はあまり硬くないので、切り返しがスムーズに行える。換言すれば、自分の力で振っていけるシャフト。そういった意味でアベレージでも熱意をもって飛ばしにチャレンジする。そういったイメージのクラブです。
アイアンは、大型フェースでフェース高さと幅がありますね。UTやFWのような慣性モーメントでオフセンターヒットに強そうな安心感がある。リーディングエッジはネックに対しややオフセット。構えやすくて、やさしく打てそうだな、というのが視覚的に伝わってくる。打ってみると、チタンフェース特有の弾き感で飛距離が出ますが、そのフィーリングは、弾きの強さよりもむしろ撓みの部分を多く感じました。フェースに乗っている時間が長いので、縦の距離感も合わせやすいでしょう。
シャフトは、手元から先端にかけてしっかり感が増していく。手元の柔らかさは切り返しのスムーズさとオートマチックに振れるメリットがあり、しっかりした先端部はヘッド性能を引き出す仕組み。オフセンターヒット時の当たり負けにも強く、方向性と距離感が合わせやすい。パーオン率が高くなるアイアンで完成度は高い。

商品詳細

本間ゴルフは来年1月、アベレージ向けの新ブランド『Be ZEAL(ビジール)』をフルラインアップで投入する。ドライバー(8万円)、フェアウェイウッド(4万2000円)、ユーティリティ(3万4000円)、アイアン(6本 11万4000円~)がそれ。
『Be ZEAL』は、プロの活躍で成功をおさめた『TOUR WORLD』ブランドからの波及効果を活用し、国内ゴルフ市場で大きな割合を占める市場、いわば『ゼクシオ』の牙城を崩すのが狙いにある。『Be ZEAL』とは『熱意(ZEAL)を抱け!』という意味で、ブランドコンセプトは「スコアアップを目指すアベレージゴルファーのためのクラブを熱意系HONMAから」。『TOUR WORLD』が、究極のカスタムブランドであるのに対し、『Be ZEAL』は、飛びとやさしさのスタンダードブランド、という位置付けになる。
「1打でも縮めたい、1ヤードでも飛ばしたいという向上心がある」「平均スコアは90台、でも肝心な時に100を打ってしまう」「積極的にゴルフ情報を取りにいくほどではないが、周囲で評判の高いクラブは気になる」「クラブ購入の際、何が自分に合うのかまだはっきりわからない」といったゴルファーが対象だ。

商品のお問い合わせ

本間ゴルフ

TEL:0120-941-380(平日9:30~17:00)
http://www.honmagolf.co.jp/jp/

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

151110_honma

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • スポーツティエムシー、事務所移転のお知らせ

  • 久常 涼 南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント 優勝

  • 藤倉コンポジット、人事異動のお知らせ

  • キャメロン・チャンプ選手がPGAツアーで優勝!

関連記事

  • 三菱ケミカル『Diamana PD』登場!『DF』から進化したシャフトの性能は?

  • テーラーメイドの新アイアン、3代目『P790』を徹底検証!どう進化した?

  • 飛距離性能もスピン性能も備えた『Z3 SOFT』リーズナブルなボールを試打

  • SPEEDER EVOLUTIONからブランドチェンジした『SPEEDER NX』試打検証!藤倉コンポジット

  • レーザー距離計『Evoon Pro-GL2.0』で女性ゴルファーが100切りに挑戦!

  • スライス防止になるか?グラビティー『WACWAC-7』ドライバー×『GR351』シャフト