1. 注目記事
  2. ギア評価

トゥルーテンパースポーツ ALLOY BLUE SORA(アロイブルー・空)

ギア評価 編集部
151110_ture
check point

  • ■重い球質なのにボールが上がるから飛ぶ
  • ■軽量スチール特有の中折れ感がなくスムースな振り心地
  • ■重量級スチールからの差し替えでも効果を発揮

永井プロの試打インプレッション

手にした時の重さは、いい意味で数値(80g台)よりも重みがあって、軽量スチールにありがちな頼りなさは感じませんね。実際に打ってみると、一般的な軽量スチールにありがちな中折れ感がない。シャフト全体が一本調子で、シャフト剛性の強さを感じます。また、スイング中のシャフトの挙動も少ないので、大型ヘッドや深重心など、シャフトに大きなトルクをかけるヘッドを装着しても挙動が安定する。どんなヘッドにも対応できるシャフトですね。
そして、秀逸なのがボールの上がりやすさ。いつも試打している練習場ですが、こんなに高い弾道が出たことは記憶にありません。一般的にボールが高く上がる時は、シャフト先端が大きく動くので弾き感が強くなります。そうすると、球質が軽くなって飛ばないケースもあるのですが、このモデルは剛性が強くボールへのエネルギー効率も高いので、球質が重く強く前に進んでいく。従来の軽量スチールのイメージとは、かなり印象が違いますね。製品対象者は、カーボンシャフトだとちょっと物足りないと感じている人や軽量スチールから逆にカーボンへの移行を考えている人にもマッチします。さらに、100g台のスチールシャフトの使用者でも、ボールを上げたい人ならメリットがありそう。そういった意味では、今までにないゴルファーとシャフトのマッチングも見えてきそうなニューモデルですね。

商品詳細

トゥルーテンパースポーツインクジャパンは、開発に5年以上を費やして完成させた革新的な高強度合金を採用した軽量スチールシャフト『ALLOY BLUE SORA(アロイブルー・空)』を12月に発売する。すでに発売中の『XP シリーズ』の最軽量モデルよりも10g軽量化したにも関わらず、他に類を見ない強度とフレキシビリティーを搭載。従来のスチールシャフトに比べてエネルギー伝達効率が格段にアップ、抜群のフィーリングを実現している。より高く、遠くへ飛ばせる新感覚の軽量スチールの誕生だ。
また、スチールでは初めての試みであるメタリックブルーのPVD仕上げのカラーリングを採用。見た目の重量感を軽減するとともにプレミア感も演出。同社テストでは、色による印象の変化も実証されており、ゴルフラウンド時のフィールド上でもいっそう映えそうなニューモデルとなりそうだ。

商品のお問い合わせ

トゥルーテンパースポーツインクジャパン

TEL:03-6820-6355
http://www.truetemper.co.jp/

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

151110_ture

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 7代目は何が新しいのか?『スピーダーエボリューション7』を徹底検証

  • ATTAS史上初の「叩ける」中元調子12代目『DAAAS』を徹底検証

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?