1. 注目記事
  2. ギア評価

ジオテックゴルフコンポーネント QUELOT Aerial FW

ギア評価 編集部

check point

  • ■シャロー&ラージサイズの安心感
  • ■MOI大きいのにフェースローテーションが使える
  • ■打ち込んでも払い打ちでも飛距離UP

永井延宏プロの試打インプレッション

「シャローフェースでやや大きめのサイズで、安心してボールを上げられそうです。また、フェースプログレッションが短くアゴも出ていないのでボールを拾ってくれるやさしいイメージが出ます。実際に打ってみると、様々なライへの適応力もありますし、大きめなサイズの割にはフェースローテーションが使えます。だからアイアンみたいに上から打ち込んでも飛距離のロスが少なくボールも上がります。アスリートがスチールシャフトで叩いても、ラインを出しながら飛距離も稼げるオールマイティーさもあります。今回は5番ウッド(ロフト角19度)をテストしてみましたが、スプーンみたいなイメージ。芝の上から最大飛距離を狙えるモデルといった印象ですね」

髙橋晋平の Buyerハシs EYE

「打ちやすそうなヘッドですね。払い打ちでも打ち込んでもボールを拾ってくれます。特に、打ち込んだ時のややハーフトップ気味でも十分に距離が出ます。適度な金属音も心地いいですね。フェアウェイウッドで一定の距離を打ちたい、大きいミスをしたくないゴルファーにオススメ。ヘッド自体の機能性が高いので、シャフトを自分のヘッドスピードに適したタイプをチョイスすれば、かなり武器になるでしょう」

シャローフェース&ラージサイズの安心感。極薄不均厚マルエージングフェースで反発力を実現

商品詳細

『クロト・エアリアル・フェアウェイウッド』は、極薄不均厚マルエージングフェースを採用したモデル。シリーズを通して細部に渡り管理された中での少量生産が特徴で、極限まで性能を優先して設計が施されている。最薄部はわずか 1.6mmで、フェースの反発性能向上と軽量化を同時に実現している。さらに、ヘッドのシャローフェース化で投影面積を拡大した 周辺重量配分により、慣性モーメントはドライバー並みの超ワイドスイートエリア構造を実現している。
■ホーゼル内径/外径:8.55 / 12. 5mm
■素材:極薄不均厚カスタム455マルエージング(フェース)、SUS630ステンレス(本体)
■仕上げ:黒+クリアレッド塗装(本体)、パープルPVDサテン(フェース)、パープルPVDミラー(ソール)
■番手:3W(ロフト角:15度)、5W(同19度)
■価格:1万4000円+税(ヘッド1個)

商品のお問い合わせ

ジオテックゴルフコンポーネント

TEL:0120-168-188
URL:http://www.geotechgolf.com/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証