1. ヤマハ RMX(リミックス)ドライバー/アイアン

ヤマハ RMX(リミックス)ドライバー/アイアン

 2014/10/02 ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 104 Views

check point

  • ■短・浅重心でボールがつかまる『01』
  • ■『02』は深重心で安定感抜群
  • ■『TOURMODEL』は正統進化
check point

  • ■『CB』は左右高低の打ち分けに最適
  • ■直線的にピンを狙いたいなら『PB』
  • ■軟鉄鍛造のマイルドな打感

永井延宏プロの試打インプレッション

「「ドライバー3機種ともに、前モデルと比較してやさしくなった印象を受けました。体積が460cm3になった『RMX01』は、多くのゴルファーが構えた際に安心感を感じられると思います。実際に打ってみると、ヘッドの弾き感や初速、弾道の強さなどが感じられますし、前モデル同様、短・浅重心ですから、ボールを捕まえるのが苦手な人やヘッドの動きを感じにくい人におすすめします。
『RMX02』は深重心で、インパクト前後のフェースの安定感が抜群です。またスイートエリアの広さやフェース面の良さに加え、見た目のサイズ感のバランスが非常に良いです。世界の標準になりつつある、慣性モーメントも大きく、アマチュアからトッププロまで1つのヘッドで幅広く受け入れられそうです。
また『RMX TOURMODEL』は、従来のインプレスのヘッド形状を踏襲しており、プロ好みで小ぶりな形状です。しかし、前モデルよりもボールが上がりやすいので、弾道の打ち分けをしたいなど操作性を求める上級者には嬉しいモデルだと思います。
続いてアイアンですが、他のプロモデル系の製品と比較して、0.5番手ぐらい高い飛距離性能で強い弾道という点がRMXシリーズの特徴で今回もその通り、インパクトの厚さや強さを感じられる仕上がりです。
イメージとしては、『RMXTOURMODEL CB』は打った直後からスピンが入ってくるため、左右や高低の打ち分けをしたい人に向いていると思います。
一方の『RMXTOURMODEL PB』は、初速が出てからスピンが入ってくるイメージで、弾道も高めになりますので、シンプルにターゲットを直線的に狙っていきたい人向けです。
どちらも軟鉄鍛造で肉厚な設計となっていますので、マイルドな打感とともに、低重心でボールが上がりやすく、ソールの抜けの良さも感じられますので、是非、試してみてください」

堀内映伸の Buyerハシs EYE

「ドライバーは共通して、スピン量が抑えられています。モデルによって弾道が異なるため、球の高さに困っていない人には『01』、球が上がらないというお悩みの方には『02』を薦めたいと思います。また『ツアーモデル』はヘッドも小ぶりですし、左右へ球を打ち分けられる上級者にオススメします。アイアンはどちらも軟鉄でバリエーションが増えています。『CB』はヘッドが球を押してくれるイメージがあり、『PB』は球を拾ってくれる感覚ですから、打感の好みで選んでみてはいかがでしょうか。」

商品詳細 ドライバー

RMXドライバーの15年モデルは前作に引き続き『RMX01』、『RMX02』、『RMXTOURMODEL』の3種類のヘッドを提案。進化したヘッド性能(高初速・高打出し・低スピン)を4種類のシャフトと組み合わせることで、さらなる飛びを実現する。また本モデルから新スリーブを採用。ライ角だけでなくロフト角を±1度まで調整可能に。
■ヘッド:各4万3000円+税 ※ツアーモデルは限定5000個
■シャフト:Speeder575 3万1000円+税、その他(Diamana
R、ATTAS 6 ☆、TourAD MJ) 各4万2000円+税
■新RTSウェイト:各1600円+税
「構えた印象や打ちたい弾道から選択しても良いと思います」(画像は右から『RMX01』『RMX02』『RMXTOURMODEL』)

商品詳細 アイアン

15年のRMXアイアンは、中・上級者が求めるアイアンを徹底追求。『RMXTOURMODEL PB』と『RMXTOURMODEL CB』をラインナップに加える。 どちらも軟鉄鍛造で、シャープな「顔」と打感にこだわったポケットバックの『RMXTOURMODEL PB』は、やさしさも兼ね備えた仕上がりが魅力。またプロの感性や声をカタチにした『RMXTOURMODEL CB』は打感と操作性を両立させたプロ仕様モデルとなっている。
■6本セット:(#5~PW) 各10万8000円+税
■単品:(#3、#4) 各1万8000円+税
「ツアーモデル初のポケットバックを採用した『RMX TOURMODEL PB』とプロが認める『RMX TOURMODEL CB』は、いずれも肉厚で、フェース面のハニカム構造がブレを軽減、ミスへの許容度が高いです」

商品のお問い合わせ

ヤマハゴルフお客様ダイヤル

TEL:0120-808562

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW | ゴルフ用品情報とゴルフ業界の総合サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 「元カノ」にも出会える? 東我孫子カントリークラブのペア・スクランブルコンペが熱いワケ

    • Yamaha Golf 2018 – ヤマハゴルフWebカタログ

    • 【今月のプレゼント】2018年2月12日(月)締切(N.S.PRO MODUS3ロゴ入りモレスキンノート、オウルのラウンドバッグ)

    • ジャパンゴルフツアー選手会会長に石川遼が最年少で就任

    関連記事

    • 当たり負けしないからボールが しっかりと転がる!マルマンKSパターを永井プロが徹底検証

    • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証

    • 初速がとにかく速い!メタルファクトリー A9ドライバーを永井プロが試打検証

    • これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバー『EZONE GT』を徹底検証

    • 触る程度に握るグリップで アプローチの幅も広がる『ウィン スパイラルプラス』

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)