1. テーラーメイド グローレ F

テーラーメイド グローレ F

ギア評価
この記事は約 3 分で読めます。 360 Views

check point

  • ■初速が速い
  • ■球がつかまる
  • ■高弾道低スピンの強弾道

永井延宏プロの試打インプレッション

「今回11度のモデルを打ってみましたが、初速の速さが際立っており、球がよくつかまる印象です。一方で打感のやわらかさがあって心地よい。吹け上がることもなく、低スピンで高さのあるボールがオートマチックに打てました。新製品は新開発のフォージドフェースと新設計のスピードポケットを搭載し、優れた反発力でボール初速が向上、スイートエリアが更に拡大し、やさしく捕まるハイドローが打てるのが特徴。ヘッド重量はやや重めの設定で、インパクトのエネルギー伝達効率も◎。ターゲットは幅広く完成度は高い」

堀内映伸の Buyerハシs EYE

「2種類のシャフトが標準で選べますが、50g台は手元側がしっかりしたタイプですので、手打ちぎみのスイングへ推奨したい。一方の40g台は、手元部がやわらかく、ボディターン型にミート。”軽量クラブに変えてから球がバラける”、”総重量を重くしたものの振り切れない”といった方がズバリターゲット。国内女子ツアー・シニアツアーでのモデル別使用率も既に1位※を獲得。シニアツアー「コマツオープン」ではGLOIREFの1・2フィニッシュという勝利をもたらした。プロからの支持と実績のお墨付きで、今後も露出が増えれば販売しやくなるでしょう。期待の商材です」
※ダレル・サーベイ調べ(2014年9月15日時点)

商品詳細

『グローレFドライバー』は「飛びの底力」をキーワードに、①スピードポケット、②フォージドフェース、③ロフトアップという3つの最新テクノロジーを搭載。これ以外にも最適重心位置によるドローバイアス設計の採用など、歴代『グローレ』のやさしさと飛距離性能に強さとスピード感をプラス。10度、11度、12度の3ロフトバリエーションにより、同社が今年2月より推奨するロフトアップ効果を体感できるラインアップ。ヘッド体積は460cm3、クラブ長46インチの設定で、装着シャフトは藤倉ゴムのグローレF専用設計モデル。鋭く振りぬける50g台の『GL3300』とやさしくつかまる40g台の『GL3000』の2タイプがあり、S、SR、Rをそれぞれ展開。
■価格:8万円

商品のお問い合わせ

テーラーメイド ゴルフ株式会社 カスタマーサービスセンター

TEL: 0120-558-562 10:00~18:00(月~金)* 祝日および休業日を除く
URL:http://taylormadegolf.jp/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

GEW編集部

GEW編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • マルマン、マジェスティ ゴルフに社名変更

  • DUNLOP GOLF 2018 AUTUMN/WINTER – ダンロップ Webカタログ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • Yamaha Golf Catalogue 2019 – ヤマハWebカタログ

関連記事

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • COOLSHOT PRO STABILIZEDでスコアは縮められる? 100切りを目指す男が使ってみた

  • ウィングリップのウッド&アイアンモデル DRI TAC PRO(ドライ タック プロ)を永井プロが検証

  • スイングを安定させるグリップ力 STM M-3グリップを永井プロが検証

  • PUREグリップとROYALグリップの実力は?話題のグリップを永井プロが検証!

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証