1. 注目記事
  2. ギア評価

イオミック LTC Series Sticky Evolution&Moebius

ギア評価 編集部

check point

  • ■手元安定でミート率アップ
  • ■トレンドのブルーとの相性抜群
  • ■差し替え不要で経済的

永井延宏プロの試打インプレッション

「『LTC』は、グリップの変形が少なくカウンターバランスなので、スイング中、手元のポジションを感じやすいですね。また、手元と身体の動きも同調するので、しっかりしたインパクトを作りやすい。手が流れてボールがつかまらない人などにいいと思います。手元が暴れないので大型ヘッド+しなり系シャフト特有の挙動を抑えて操作性を上げる一方、手元のポジションが特に大切なウエッジショットでも効果を発揮しそうです。また、カチャカチャ対応の『メビウス』はテーパーが少ないので左右の手を同じフィーリングで握りやすい。グリップに一体感が出るのでスイングの安定につながりますね。それとイオミックといえば、ブルーが代表的なカラー。今年のトレンドはヘッドもシャフトもブルー系なので、カラーコーディネイトも楽しめそうですね」

堀内映伸の Buyerハシs EYE

「これは、新発見ですね!一般的なラバーグリップだと、切り返しでグニャッと動くことがあるのですが、『LTC』は全くない。スイングのままヘッドが素直に出しやすいので気持ちよく振れ切れます。挙動が大きい昨今のクラブでも手元が安定するので操作性はよくなるでしょう。また、調整機能付きのクラブに対応する『メビウス』の発想もいい。カチャカチャ系の使用者の中には、アジャストする度にグリップを挿し替える人もいますが、このモデルは360度どこを握っても同じフィーリングと見た目なので、替える必要がなく、経済的です」

商品詳細

『LTCシリーズ』は、エンドキャップを従来品よりも長くすることで、同社最大の特徴である ” ねじれ ” のさらなる軽減に成功したモデル。また、エンドキャップに高比重材を使用することでカウンターバランス効果も搭載する。さらに、昨今の調整機能付きゴルフクラブに対応するロートルクグリップ『Moebius(メビウス)』も好評発売中。どこを握っても表裏の区別を持たないのが特徴だ。

【Sticky Evolution1.8 2.3】

■口径:M 60
■外径(グリップエンドから5cm):1.8(21.8mm)、2.3(22.3mm)
■トルク:1.5
■硬度:52
■重量:48±2g(1.8)、52±2g(2.3)
■バックライン:有・無

【LTC Grip Moebius】

■口径:M60
■外径:1.8(21.8mm)
■トルク:1.5
■硬度:52
■トルク:1.5
■重量:48±2g
■バックライン:無
■価格:オープン
エンドキャップを従来よりも長くすることで、同社最大の特徴であるLTC(ロートルクコントロール)をさらにパワーアップ。限りなくゼロに近づけたトルク1.5を実現。

商品のお問い合わせ

イオミック

TEL:06-4391-1039
URL:http://iomic.com/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ通に刺さる最新ギア情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヨネックス。人事異動のお知らせ

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

関連記事

  • 3段ソールでアマチュアのミスを防ぐ ムジーク『フィフティーズ』ウエッジ

  • パトリック・リードが共同開発 グラインドワークス『PR-202』『MB-101A』

  • 夏のラフから「77」でグリーンを狙う? キャスコ『UFO Speed』を坂本龍楠が徹底試打!

  • 最新GPSウォッチ3機種を山本茉央&くわっきーがコースで比較してみた

  • 熟練ゴルファーに飛距離を与える『XP-03』 ゴルファーの技を引き出す軟鉄鍛造『KP-105』

  • レーザー&GPSのハイブリッド距離計『SL2』で山本茉央がコース攻略