1. 注目記事
  2. ギア評価

北側物産 SUPERMAN Hyper HR

ギア評価 編集部

check point

  • ■広いスイートエリア
  • ■高い飛距離性能と方向性
  • ■集客力抜群

永井延宏プロの試打インプレッション

「フェース面のスイートエリアの広さを凄く感じますね。シャフトの動きが上から叩くスイングにあっており、アマチュアゴルファーのスイングを良く理解した挙動に設計してあります。上から叩けば、トゥ側に当たってチーピンになりがちですが、高反発ながらフェース面状のスイートエリアの広さが方向性に寄与しており、また、ミスヒット時におけるエネルギーロスがない。球筋は低スピン過ぎずキャリーが稼げる弾道ですね。そのようなことを総合すると、高反発という一発の飛びもありますが、フェース面のスイートエリアの広さから、平均して飛ぶ。ゴルファー自身の打ってみたイメージより、10ヤード位は伸びるでしょうね」

堀内映伸の Buyer”s EYE

「大手メーカーの超高額・高反発クラブと遜色ない性能だと思います。スイートエリアも広く、飛距離性能も高い。選択肢の少ない中で、高反発クラブということを全面に押し出し、店内で飛んでいる打音を響かせる。そうすると、お客様が集まる。商材としては、集客力抜群です。シャフトフィッティングすれば、さらに◎」

商品詳細

北側物産プロテック事業部は9月15日、反発係数0.885以上を謳う『スーパーマン HyperHR』ドライバーを発売した。業界内でも既製品での反発係数0.885以上は最高レベルのドライバーだ。反発係数0.885以上を実現した構造的要因は、同社が業界初の「ドラム構造」とPRする重量調整を不要とする高精度なヘッド。そして「トリプル・スプリング」のシナジー効果だ。「ドラム構造」とは、重量調節のためのチタン材をヘッド内部のソール後方などに溶接せず、打球音調整のジェルを入れたに過ぎない構造を示している。製造時の重量公差は±3gで、重量調整用のチタン材溶接が不要になるため、重心位置の設計が容易になったとか。そのため、スイートエリアが前作より20%拡大しているという。「トリプル・スプリング」構造は、クラウンに KS15-3-3(ケミカルミーリング)のチタン材を採用。フェースにはDAT55Gをカップフェースで使用。そしてソールにもクラウンと同じ素材を用いている。その3つのスプリング・シナジー効果でヘッド全体が撓み、ボール初速が加速。もちろん、カップフェース構造は先のスイートエリア拡大にも寄与している。

商品のお問い合わせ

北側物産プロテック事業部

TEL:06-6751-5800
http://www.protecgolf.com/

    ∇ <a href="”>

  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 三光精衡所、人事異動のお知らせ

  • ヨネックス、人事異動のお知らせ

  • マジェスティゴルフ、代表取締役社長に西原徹朗氏が就任。

  • ニューモデル一堂に集結 「特設」サイトでゴルフ用品情報フルカバー

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証