1. 注目記事
  2. ギア評価

和宏エンタープライズ MYSTERY C-HT911 UT

ギア評価 編集部
check point

  • ■構えやすい
  • ■飛距離性能◎
  • ■やさしく球が上がる

永井延宏プロの試打インプレッション

チタンらしい弾きと打球音のUTですね。そのまま飛距離性能に繋がっており、コンセプトも分かりやすい。全体的なシェイプは、FWの流れを意識した丸みを帯びた形状。ですが、ネック部分はややオフセットが入っていて、アイアンのように素直に構えられるのが特長的。FWからアイアンに繋ぐクラブとしてバランスよくデザインされていますね。#3は飛距離性能、番手が短くなるに従って、スピン量が出てきますので、髙弾道でグリーンを積極的に狙っていける。UTはロングアイアンに換わるポジション。その距離を楽に打てるクラブという捉え方で装着シャフトを吟味してあげるとスペックに加え、実際の使用感も実戦向きになるでしょう。

堀内映伸の Buyer”s EYE

FW系譜のUTは、バルジを感じさせるマスキングのものが多く、特に小顔のUTではどこで構えれば良いのかボヤけがち。そういう意味で『C-HT911』は、バルジがないように見えるので、アイアンのように鋭いライン出しができる。チタン素材のメリットは、トップしてもある程度球が浮いてくれる点。特に#4、#5は高弾道で、グリーンを狙っていけるUTだと感じました。

商品詳細

和宏エンタープライズから、UTのニューモデル『MYSTERY C-HT911』が好評発売中。飛びとやさしさに拘ったモデルで、前作『C-HT811』との、大きな相違点は素材とOUTLOOK。ステンレスから飛距離性能に優れたDAT 55 Gに変更。加えて、バックフェース側にやや厚みを持たせることで深重心化を図るとともに、飛びの視覚的イメージが付加されている。フェース素材にはDAT 55 Gを採用し、番手は3タイプを用意。
■仕様:#33(ロフト角:19°、ライ角59°、重量233g ±、体積:118?)▽#4(ロフト角:22°、ライ角59・5°、重量238g ±、体積:118?)#55(ロフト角:25°、ライ角60°、重量243g ±、体積:118?)

商品のお問い合わせ

和宏エンタープライズ

TEL:06-6390-6131
http://www.mystery-jp.com

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


GEW VIRTUAL GOLF FAIR 2021

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本シャフト、役員選任のお知らせ

  • ジュピターテレコム、役員選任のお知らせ

  • 住友ゴム工業、組織改正及び人事異動のお知らせ

  • 高根カントリー俱楽部、小池武人氏が支配人を退任し、取締役に就任

関連記事

  • 驚異のしなりで飛距離アップ『AutoFlex』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 人生最高飛距離をもたらす『MAJESTY Royale』ドライバーを試打してみた

  • ゴルフの聖地・スコットランドの『TDN GOLF』キャディバッグを常住充隆プロが解説

  • 『VATIC』のFW&HYを試打 「同じ振り」ができるクラブ?

  • 9色から選べる『カデロ2×2ペンタゴンデュオスペシャルUT』を永井プロが徹底解説

  • 藤倉の米国逆輸入モデル『ベンタスブラック』試打レビュー!