1. 注目記事
  2. ギア評価

リーダーメディアテクノ TOBIEMON VI SENCE

ギア評価 編集部
check point

  • ■世界初の6層構造
  • ■ソフトな打感で球がつかまる
  • ■弾きの良さがあり飛距離性能も◎

永井延宏プロの試打インプレッション

巷で噂の6層ボールですね。実際に打ってみると、インパクト時にひとつひとつの層を突き破っていくような感触が確かに得られました。フェースに乗るので、球のつかまりもいい。そのフィーリングは、表層のウレタンカバーの次層(サーリン)がやや勝っている印象ですが、サーリンの上にウレタンを1 枚巻くことでマイルドさを出している。特にアプローチでは、ウレタンの持ち味である「食いつきの良さ」を十分感じることができました。一方サーリンの特性である弾きのよさも味わえ、飛距離性能も◎。TOBIEMONの意欲作といえるでしょう。

堀内映伸の Buyer”s EYE

飛ばしたいクラブは弾きがよく、止めたい・狙いたいクラブになるほど、ソフトなフィーリングになるという理想的なボール。特にパターのフィーリングはウレタンカバーの良さがでていて、ソフトフィーリングをウリにしている他社製品と比べても遜色ない。非常にソフトで驚きました。もちろん、飛距離性能もバッチリ。月イチゴルファーから、90台を真剣に目指す中級者まで幅広い層にミート。

商品詳細

リーダーメディアテクノから、世界最多の6ピースゴルフボールが投入された。『飛衛門VI-sense』(オープン価格)がそれ。同社によれば、「ドライバーからミドルアイアンまでは、スピンを抑えて弾道効率に拘った飛距離性能を搭載。一方、ショートゲームでは、6層から生まれる高スピン性能に加え、ウレタンカバーの採用によりコントロール性も向上させました。構造は1コアに対し、カバーが5つの計6層設計。高反発ながらソフトなマントル採用により初速を向上させ、バックスピンが掛かりやすい構造になっています」 具体的には、2層と3層(デュポンHPFアイオノマー繊維)を外側のマントルよりも低密度化。反発係数が向上し、ボール初速アップへ繋げている。スピン性能については4層、5層(デユポンサーリン)及び6層のウレタンカバーが担っている。 飛距離&スピン性能という相反する機能を6層構造で具現化した『飛衛門VI-sense』。実勢価格は1ダース8000円前後。

商品のお問い合わせ

リーダーメディアテクノ

TEL:03-5822-9188
http://www.tobiemon.jp/

  • ∇ <a href="”>
  • <a href="”>

【今月の特集のトップへ戻る】


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

編集部

編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • コーヅゴルフ、店舗移転のお知らせ

  • 株式会社フラッグ、事業譲渡並びに商号変更に関するお知らせ

  • IOMIC、人事異動のお知らせ

  • アジルパートナーズ、事務所移転のお知らせ

関連記事

  • 真っ直ぐ構えられる『S7K』パター 安定した振り子ストロークも実現

  • 女子ツアー通算6勝の「LOOPシャフト」を永井プロが試打評価!

  • 5代目『RS』3モデルを徹底検証!ギリギリだけじゃない「快心の一撃性能」をプラス

  • 福山ゴルフ「トレンチウッド」試打!バフィーのロフト、42インチで3Wの飛距離を凌ぐ?

  • 新生DIRETTO Opus2を打ってみた!

  • グラファイトの新ブランド『G』を試打 HS別に徹底検証