1. 注目記事
  2. ギア評価

テーラーメイドゴルフ M1 / M2 ドライバーを試打

ギア評価 ムービー テーラーメイド 浅水敦
テーラーメイド M1 & M2

構造進化で思い通りの新 『M1』 、パワフルな 『M2』 ドライバ ー

  • 弾道調整機能を拡大で操作性向上、前作よりやさしくなった『M1』
  • 寛容性が高まった『M2』、何も考えずオートマチックに飛ばしたいゴルファーへ

永井プロの試打インプレッション

“飛ぶ”と評判のMファミリーですが、2017年モデルとして新『M1』と『M2』が登場。両モデルとも前作よりカーボンパーツ(ヘッド)の使用範囲を広げているのが印象的です。

『M1』は調整可動域にさらなる幅を持たせ、より思い通りの弾道を実現。一方の『M2』は独自の幾何学&音響技術による「ジオコースティック・デザイン」を採用することで、飛距離と寛容性にこだわりつつ打感・打音にもこだわったモデルに仕上がっているようです。

M1ドライバー

テーラーメイドM1ドライバー
試打クラブ:ロフト10.5度、シャフト:TM1-117硬度S

新『M1』はヘッド体積440cm3、460cm3の2タイプをラインアップ。構造は先代のカーボン7層から6層へ変更され、クラウンはホワイト部分の面積が減少。構えやすさにも繋げており、カーボン部分を増やすことで設計自由度を向上させている。

実際に打ってみると非常にニュートラルなドライバーですね。良いクラブの条件というのは、見た目からくるイメージと重心性能&挙動のマッチングに集約されますが、新『M1』はそのバランスが絶妙。重心特性がニュートラルのため、ロフトがスピン量を適正にキープしてくれる。低スピンで高初速、弾きのあるヘッドです。

インパクト時のエネルギー感も健在で、芯で打ち抜く心地良さがあり、前作よりもボールがフェースに乗りますね。前作よりもやさしさが増し、ドロー、フェードといったコントロールのイメージも沸きやすいと感じました。

縦横に配置された「Tトラック・システム」により重心距離&重心深度を調整できるのは先代同様ですが、『M1 460』はウエイトが2g増え12gへ変更。トラック長も伸び、調整可能域が広がった。微妙なフィーリング調整が可能な点も◎。

標準装着シャフトの「TM1-117」は、ヘッドを感じやすいトルク設定で先端部はしっかりめ。中元部分でしなりを出す挙動になっており、切り返しのタイミングが取りやすく、かつ、しなり戻りのスピード感があります。

  • ヘッド体積:440cm3、460cm3
  • シャフト:「TM1-117」「ツアーAD TP-6」「スピーダー661エボリューションⅢ」「ディアマナBF60」「ATTASパンチ6」
  • 価格:「TM1-117」装着モデル1本7万2000円、「ツアーAD TP-6」「スピーダー661エボリューションⅢ」「ディアマナBF60」「ATTASパンチ6」装着モデル各1本8万9000円

M2ドライバー

テーラーメイドM2ドライバー
試打クラブ:ロフト10.5度、シャフト:TM1-217硬度S

新『M2』のヘッド体積は460cm3と前作同様ですが、ヘッド全体のボリュームを明らかに感じます。大型ヘッド=深重心ヘッドといえ、フェース面とソールのスピードポケットが拡大。 

ソール部には明らかな大きな改良点が見られ、トゥ側のソールとクラウンのつなぎ目を凹ませて、460?のヘッド体積を維持しつつ、フェースや投影面積の拡大を図っている。一層軽量化&低重心化が進んでいる印象です。

打ってみると、スイートエリアが広がって、フェースの反発力もアップしていると率直に感じました。オフセンターヒットにも寛容で、フェース下部でインパクトしたときでも、ボール初速の減少をあまり感じず、芯で打った時と遜色のないボールスピードを発揮。新設計のスピードポケットがより効果を高めています。打音も爽快感がありますね。2017年モデルの『M2』ドライバーはさらに寛容性が向上したといえるでしょう。

標準装着シャフトの「TM1-217」は、新『M1』よりもやや軽量タイプ。ヘッドの負荷に負けない工夫が施され、ヘッドを支えやすくしているのも◎。モノづくりも良くできています。

  • ヘッド体積:460cm3
  • シャフト:「TM1-217」「FUBUKI V60」
  • 価格:「TM1-217」装着モデル1本6 万3000円、「FUBUKI V60」装着モデル8万円

『M1』『M2』の対象者は?

両モデルとも、テクノロジー、フィーリングの部分は進化していると感じました。

対象者はズバリ、『M1』は意図的に球を操りたい、操作性重視のゴルファー。一方、新『M2』のターゲットは、何も考えずオートマチックに飛ばしたいゴルファーです。

M1 / M2 ドライバーのお問い合わせ:テーラーメイドゴルフ


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

テーラーメイド M1 & M2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • PGAツアー発信の「VENTUS」国内投入

  • シャフト作りのスペシャリストが放つユーティリティ専用モデル3タイプ

  • オーダーメイドで成長戦略を打ち出すAzas GOLF

  • アオサキのスピンオフモデル『AKEBONO』

関連記事

  • テーラーメイド『SIM / SIM MAX』それぞれの違いは?M5、 M6からの進化は?

  • テーラーメイド『SIM』『SIM MAX』発表 M5、M6からの進化は空力効率

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『M5』と『M6』は何が違うのか?前作からの進化は?永井プロが詳しく解説

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?

  • レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る