1. グラファイトデザイン ツアーAD IZ 高初速ヘッドの性能を最大限に引き出すシャフト

グラファイトデザイン ツアーAD IZ 高初速ヘッドの性能を最大限に引き出すシャフト

ギア評価 ムービー
この記事は約 6 分で読めます。 16,199 Views
グラファイトデザイン TOUR AD IZ

グラファイトデザイン ツアーAD IZを永井プロが徹底検証!

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

精悍なマットブラック PTとDIの遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生

グラファイトデザイン ツアーAD IZ

グラファイトデザインから『TOUR AD IZ』という新しいモデルが登場しました。シャフトに“In to the zone”と書いてありますが、ツアープロがグッとゾーンに入るような感覚、そういった期待感が持てるかもしれませんね。

見た目ですが、今回はグラファイトデザインとして初めてマットブラック仕上げを採用、それにビビッドなオレンジを配色し、力強さと精悍さがありますね。

実打した印象は、シャフトのバランスポイントが先端側に感じられるので、数字以上の重さを感じますね。その先端の重さも影響しているのか、シャフトの中間から手元の間に折れ目がある感じで、ここから大きくしなってダウンスイングに入ってくる。エネルギー効率の高い厚いインパクトを実現できます。

ただ、ここで注意してほしいのが、フレックスと重さの選択です。厚いインパクトはボール初速が出て飛距離アップが期待できる一方、突っ込み過ぎると不安定な弾道になる。最適な厚みのインパクトを実現するには、自分にとってベストなフレックスや重さの選択がとても大事です。なので、ヘッドスピードがいくつだからコレと決めつけず、試打した上で自分に合ったスペックを選んでください。

 

ツアーAD IZは、PTとDIのいいトコどり

グラファイトデザイン ツアーAD IZ

『IZ』は、ツアープロの使用率が高い『PT』と『DI』のいい所を取ったと聞いています。『PT』の要素としては、スピンの適正化ですね。昨今のドライバーヘッドは低スピン化が進んでいますが、スピンが少なくなり過ぎるとドロップになったり不安定な挙動につながります。

よってシャフト性能には適正スピン量を維持するという役割がある。これを実現しているのが『PT』で、『IZ』はその要素を強く継承しているので、キャリーがしっかりと出ますね。

また、『DI』的な要素は、先端がしっかりしているにも関わらず、やさしくボールを捉まえられること。一般的には先端がしっかりしていると捉らないというイメージがありますが、『DI』はしっかりと捉る。それが多くのツアープロが愛用する理由の一つですし、その辺りの要素が今回の『IZ』にも色濃く反映されています。

安定したスピン量でやさしくハイドローで飛ばせる『IZ』。打てばその良さを実感できると思いますね。

 

 

ツアーAD IZ 概要

グラファイトデザインは先頃、石川遼をはじめ数多くのツアープロが続々とスイッチし始めた話題のニューモデル『TOUR AD IZ』を発売した。ベースカラーに『ツアーAD』シリーズ初のマットブラックペイントを採用。シックなカラーリングの中に、“力強さ”と“精悍さ”を併せ持つ。『ツアーAD』が新境地に挑んだ力作ということが、外観のデザインからも滲み出ている印象だ。

『ツアーAD IZ』をツアープロがこぞって使用し始めた理由は、最新ドライバーヘッドの性能を最大限に引き出すしなやかな動きとインパクトの強さに集約できるだろう。しなやかでタイミングが取り易くプロの使用率も高い『PT』、先端の強さで強いインパクトを生み出す『DI』の良さを融合させたモデルという。

具体的には、

  • 中間部のしなりを感じタイミングの取りやすい挙動
  • 先端の強さがインパクト時のエネルギーロスを最小限に抑え強く打ち出す
  • 高強度T1100G、高弾性率素材を最も効果のある最先端部(ネック周り)に最適量を使用

といったところがポイントになる。昨今の高初速ドライバーヘッドを愛用するゴルファーに、さらなる飛距離と安定性をもたらすシャフトとして注目されそうだ。

ツアーAD IZ スペック

TOUR AD IZ-4

重量(g) トルク(°) Tip径(mm) Butt径(mm) K/P
R2 46 5.6 8.5 15.00
R1 47 5.6 8.5 15.00
S 47 5.6 8.5 15.05

TOUR AD IZ-5

重量(g) トルク(°) Tip径(mm) Butt径(mm) K/P
R2 52 4.5 8.5 15.10
R1 54 4.5 8.5 15.15
S 56 4.4 8.5 15.20
X 58 4.4 8.5 15.25

TOUR AD IZ-6

重量(g) トルク(°) Tip径(mm) Butt径(mm) K/P
SR 62 3.2 8.5 15.15
S 63 3.2 8.5 15.20
X 65 3.2 8.5 15.25

TOUR AD IZ-7

重量(g) トルク(°) Tip径(mm) Butt径(mm) K/P
S 72 3.1 8.5 15.20
X 74 3.1 8.5 15.25

TOUR AD IZ-8

重量(g) トルク(°) Tip径(mm) Butt径(mm) K/P
S 82 2.9 8.5 15.35
X 83 2.9 8.5 15.40

ツアーAD IZのお問い合わせ

グラファイトデザイン
TEL:0494-62-1170
http://www.gd-inc.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

グラファイトデザイン TOUR AD IZ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • 脱シニア、Mシリーズ傘下で若年層も視野に入れた新生グローレ

  • ゼロ スリクソンで開発一新 川松英明本部長がゼクシオとの切り分け術を動画説明

関連記事

  • Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 永井プロの評価は?

  • グラファイトデザイン、役員選任のお知らせ

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証