1. アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 5,714 Views
ATTAS COOOL
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

ATTAS CoooL

9代目『ATTAS CoooL』のコスメは爽やかなホワイトカラーを基調に青字で『CoooL』をプリント。ネーミング通り、爽快に振れ切れるシャフトを狙っているのが分かります。

手に取ってみると、手元→中間部→先端にかけてのしなり量をかなり感じますが、開発コンセプトである〝ボール初速アップ〟へどのように繋げているのか? 早速、検証していきしょう。

試打した印象

第一印象通り、“ムチのようなしなり戻り”が特筆されますね。切り返してからシャフト中間部分のしなり戻りを強烈に感じました。

6S→5Sの順で打ってみましたが、5Sの方がシャフト全体のしなりと自分のスイング感覚がマッチして、良い結果が得られました。“ムチのようなしなり戻り”を適正化しているのがシャフト重量であり、『ATTAS CoooL』が提唱する“軽硬”の世界感は、軽くなればなるほど体感しやすいと感じました。

今回、40g台にSとX、50g台にもXを用意していますが、その中身は、これまでのXシャフトの概念を覆す内容となっています。

例えば、普段50g台のシャフトを愛用するゴルファーが40g台へ降りて行った時に、しなりを感じ過ぎてしまう…。そういった場合に4Xの選択肢がでてくるイメージといえば分かりやすいでしょうか? 「自分はヘッドスピードが50m/sだからXを選ぶ」という考え方は『ATTAS CoooL』ではご法度です。

また、4Xと5Xは剛性が増すため長尺仕様にしても良いかもしれません。普段5Sを愛用する人は4X、6S→5Xというように重量を下げてスペックを上げてみるとヘッドスピードとミート率が向上し、飛距離アップが期待できるでしょう。

どのようなゴルファーにオススメ?

強烈なしなり量の大きさが『ATTAS CoooL』の最大特徴になりますが、ややスイングプレーンから外れた軌道でも、インパクト時までにシャフトが補正してくれるから不思議。

これまで〝走り系〟を使いこなせなかったゴルファーも視野に入ってきますから、ターゲット層は幅広いといえます。

自分から球をつかまえにいかなくても良いオートマチックさに加え、お助け要素も含まれるのが『ATTAS CoooL』。多くのゴルファーがシンプルスイングで大きく飛ばせるシャフトです。

商品データ

ATTAS9代目は『CoooL(クール)』

毎年、新作が発表になるいなやネーミングに注目されるシャフトといえば「ATTAS」。9代目は『CoooL』と命名され、コンセプトは「ボール初速を上げる」―。その特性は、先中調子で手元はしっかりめ。アッタス史上初の“軽硬”で、スイングするだけで、ヘッドスピードとボール初速が高まる仕組み。

最適な手元部剛性としなやかな中央部・先端部の剛性差が、鋭いしなり戻りを実現。 これにより、飛距離アップに直結する「ボール初速」と「つかまり」を最大化しキャリーとランで飛距離を伸ばす。

また、同社独自のHTT(Hard Trajectory Tip)テクノロジーにより、走り系シャフトにありがちな当たり負けやインパクト時のエネルギーロスを解消。走って叩いて飛ばせる、従来に無い振り心地を可能にした。40g台にSとX、50g台にXを新採用したATTAS初の軽硬シャフトの位置づけになる。

価格:各1本4万円

ATTAS CoooL

アッタスクールのお問い合わせ : シャフト ラボ USTMamiya事業部 TEL 03-6262-8780 www.ustmamiya.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

ATTAS COOOL

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&ボイスコールの営業(外務省、宮内庁、旧富士銀行を担当)を経て
1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。
ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • アディダスゴルフ「ツアー360EQTボア」で見える化

    • GDO×じゃらんゴルフが連携強化、その狙いとは?

    • ボールも飛距離モンスター!? ブリヂストンゴルフ『JGR』からゴルフボールを投入

    • ブリヂストンスポーツ楳本社長退任、山田良二専務が昇格

    関連記事

    • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

    • シャフトラボ 社長に尾和克彦氏

    • TOUR AD IZ 精悍なマットブラック PTとDIの遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生

    • HS37m/s以下限定で30ヤードアップ? 軽量シャフト研究から生まれた『ラフィーナ』

    • MODUS3ユーザー必見!Regioとの理想の組み合わせN.S.PRO MODUS3 & N.S.PRO Regio Formula

    • ディアマナ RFは飛びにこだわるアスリートへおすすめ!永井プロの試打インプレッション