1. TOP
  2. 注目記事
  3. ギア評価
  4. MODUS3ユーザー必見!Regioとの理想の組み合わせN.S.PRO MODUS3 & N.S.PRO Regio Formula

MODUS3ユーザー必見!Regioとの理想の組み合わせN.S.PRO MODUS3 & N.S.PRO Regio Formula

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

N.S.PRO MODUS3 & N.S.PRO Regio Formula

今回は、日本シャフトの『N.S.PRO レジオフォーミュラ』ウッド用カーボンシャフト(3機種)と『N.S.PRO モーダス3』アイアン用スチールシャフト(4機種)のマッチングをテストしてみました。各モデルの特徴を踏まえた上でマッチングについて述べていきます。なお、試打クラブは、『フォーミュラ』はドライバー、『モーダス3』は7番アイアンを選択しました。

初めに赤の『フォーミュラM』は、しなり戻りがとても大きく、スピード感がかなりある。ボールが上がりやすいし、しっかりとつかまるなどシャフトが助けてくれるモデルです。

次にブルーの『フォーミュラB』は、手元から先端にかけてきれいにしなるクセのない中調子タイプ。いわゆる弾き系で、シャフトがイメージどおりの仕事をしてくれます。

そして、最後にゴールドの『フォーミュラMB』は、しっかりとタメを長く作ってくれるので、インパクトで手元を止めて叩いていける、いわゆる厚いインパクトを実現してくれるタイプです。 このように三者三様ですが、この3機種にどの『モーダス3』がマッチするのか、『フォーミュラ』の機能性を基に相性を探ってみましょう。

『フォーミュラM』× 『TOUR 130』

メーカー推奨マッチングとして、『TOUR 130』が選ばれています。これは確かに剛性分布図に基づいており、120g代の重量級シャフトを振り切れるゴルファーにとっては、そのハジキ感とボールの上がりやすさは、同系統のシャフトと体感出来ると思います。

その一方、『フォーミュラ』シリーズの中で一番お助け感のあるシャフトがこの『M』ですから、対象ユーザーとしては『ツアー
105』とのマッチングも推奨したいと思います。この『ツアー 105』の軽量化が生み出すスピード感とのマッチングは充分期待出来ます。

ドライバーとアイアンはクラブ長さも違うし、インパクトでのヘッドの入れ方も違うので 、剛性分布は一つの目安にはなります。

『フォーミュラB』×『TOUR 120』

『TOUR 120』はシャフト全長にわたって、クセのない均等なしなり感があり、『フォーミュラB』とのマッチングを感じます。しなり戻りは穏やかな印象で、シャフトがためる方向にしなっている時間を長く感じれるので、ハンドファーストでターフを取っていくようなアイアンショットがイメージできますね。

それにより、同じキレイなしなり曲線を描いてくれる『フォーミュラB』に対して、オートマチックにドライバーとアイアンのインパクトの違いをシャフトが作ってくれる様に感じます。

『フォーミュラB』は、ドライバーのシャフトらしく、しなり戻りでヘッドがアッパーに入る感じがありますから。ゆえにドライバーからショートアイアンまで、同じスイングテンポやリズムで一気にフィニッシュまで振り抜きたいゴルファーのリクエストに応えてくれる組み合わせです。

『フォーミュラMB』×『SYSTEM TOUR 125』『TOUR 105』

『SYSTEM TOUR 125』は、手元調子ですね。かなり手元のしなりを強く感じますし、手元をインパクトで止めるとシャフトがギューッとしなり戻ってくるのがよくわかります。そういった点で、手元を減速してインパクトを作っていける『フォーミュラMB』と挙動が似ていますね。

ドライバーからアイアンまで、インパクトで手元を減速しながらラインを出したり、球を曲げてコントロールする様な、ボールコントロールが楽しめそうです。常に弾道をイメージしてプレーしたいゴルファーは、この組み合わせがいいと思います。

剛性分布図的には『TOUR 105』との相性が良く、メーカー推奨となっています。これは、そのまま軽量帯にシフトしたと理解すればいいと思います。軽量化によるスピード感や振りやすさではなく、しっかりインパクトで叩いていくイメージを受け止めてくれると思います。

以上、『フォーミュラ』3機種と『モーダス3』4機種のマッチングを試してみました。

スチールシャフトではハイパフォーマンスのバリエーションで話題の『モーダス3』は、USPGAツアーの使用選手も多い。これは同社の品質の高さを示すもの。その『モーダス3』とのベストマッチングが図れるのは、やはり同じメーカーが作る『レジオフォーミュラ』でしょう。『モーダス3』使用者にはその辺りを意識してほしいですね。

商品データ

アイアンショットに求められる3つの要素、「球筋」、「弾道」、「飛距離・方向性」に最適なコントロールをもたらすというコンセプトのもと、開発されたアイアン用スチールシャフト『N.S.PRO MODUS3』。PGAツアープロからの要望に応える形で設計されただけあり、その性能に太鼓判を押すトッププロが急増、多くのメジャーチャンピオンの武器にもなっている。

開発の肝となっているのが、日本シャフト独自の絶妙な先端・中間剛性マッチング。この3点を自在にコントロールすることで、同シリーズは世界中で戦うツアープロたちの要求に応え続けてきた。

一方、ウッド用カーボンシャフトの『N.S. PRO Regio Formula』は、『N.S. PRO MODUS3』シリーズをアイアンに使用しているプレーヤーに向け、ドライバーもアイアンと同じフィーリングとパフォーマンスを実現するシャフトを目指して開発された。

ウッドとアイアンの剛性分布を合わせることで、全ての番手を同じ振り心地に統一できる。ショットの流れが重要なゴルフにおいて、とても重要なポイントだ。今後のセッティングの在り方の一つとして、今後注目されていくだろう、この方向性に向かっていくだろう。

商品のお問い合わせ 日本シャフト

TEL:042-782-2562
http://nipponshaft.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

  • 3番手飛ぶ『インプレス UD+2』は練習嫌いなゴルファーへ

関連記事

  • MCIの第2世代『MCI BLACK』は重量フローシャフト!

  • フジクラ史上最小トルク『ダイヤモンドスピーダー』

  • NEW Z-TXに420ドライバーが新登場

  • 300Y超!日本プロシニア覇者、金鍾徳のシャフトは?

  • 三菱ケミカル Diamana(ディアマナ) X’17 / FUBUKI V を徹底検証! その評価は?

  • NIPPON SHAFT N.S.PRORegio Formula MB