1. ゴルフボール新時代!?ボールの見え方で ゴルフがやさしく楽しくなる『Volvik VIVID XT』

ゴルフボール新時代!?ボールの見え方で ゴルフがやさしく楽しくなる『Volvik VIVID XT』

ギア評価
この記事は約 4 分で読めます。 4,587 Views
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

Volvik VIVID XT

『ボルビック』から新発売された『ビビッドXT』をテストしてみました。まず、特徴的なのが、やはりマットカラーですね。ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ホワイトの5色展開で、とても色鮮やかです。

今は夏場でゴルフ場はとても緑が濃いですが、この自然の緑とマットカラーのコントラストがはっきりとしていて、ボールの輪郭がとてもきれいに見えます。その一方、マット仕上げの特徴ですが、ボール表面のディンプルがはっきりと見えなくて少し平面的にボワーッとした印象になります。

これを言い換えれば、ボールが少し大きく見えるのでインパクトを点として捉えるのではなく、ゾーンとしてボールをやさしく運ぶイメージが湧きやすい。きれいに払い打ちできる印象なので、ワイドソールのアイアンとの相性も良さそうですね。

とは言え、この『ビビッドXT』は飛距離性能に加えてスピン性能も訴求しているボールです。実際、ドライバーのテストをしてみてもその辺りは明らかで、ボールを打ち出してからのスピンの力を感じます。スピンがほどけず前に前に飛んでいく。最高到達点がかなり先になり、そして緩やかに落ちていく感じですね。

従来の『ビビッド』はディスタンスタイプで、こちらと打ち比べると飛び姿は明らかに違います。『ビビッド』は最高到達点が少し前で、そこからボールが突っ込んでランで飛距離を稼ぎます。しかし、繰り返しになりますが、『ビビッドXT』はスピンが効いているので最高到達点がもっと先になる。キャリーで飛距離を稼ぐタイプといえるでしょう。

この弾道の傾向はドライバーショットだけではなく、セカンドショットやアプローチショットでも同じ。しっかりとスピンを効かせて距離をコントロールしやすいという特徴があります。

従来品の『ビビッド』、そして今回の『ビビッドXT』ともにフィーリングはズシッとした重みがありますが、『ビビッドXT』の方がフェースへの喰い付き感が強い分、コントロール性に長けた印象ですね。また、初速も速くボールが宙に浮いている時間が長い。ビビッドなマット仕上げなので飛び姿も見やすい。きれいな弾道が実感できるボールで、プレーしていて自分のショットに惚れ惚れできる。自画自賛できるプレーが楽しめそうですね。

商品データ

VIVID XT

volvik vivid xt

ボール初速とスピン性能を両立させたプレミアムカラーボール

  • 艶消しビビッドコーティングで集中力が高まる
  • 驚異的なボール初速を生み出すパワーデュアルコア
  • グリーン周りでの優れたスピン性能とソフトなフィーリングを提供するジルコニウム-Ⅲカバー
  • 20面体構造の332ディンプルが生み出す直進性
  • ヘッドスピード対象:35~50m/s
  • カラー:ピンク/オレンジ/イエロー/グリーン/ホワイト
  • 価格:6320円/ダース(税別)

VIVID

volvik vivid

フェアウェイで際立つスタイリッシュな世界初のマットカラーボール

  • 他に類を見ないビビッドカラー
  • 見やすさと集中力を高める効果
  • デュアルコアが生み出す柔らかい打球感
  • 可視性がコースマネジメントを高める
  • ヘッドスピード対象:31~42m/s
  • カラー:ピンク/オレンジ/レッド/グリーン/レモンイエロー
  • 価格:5500円/ダース(税別)

商品のお問い合わせ FDR

TEL:0120-000-813
http://www.volvik-golf.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゴルファーの高齢化は最大の商機 マルマン松下専務の『マジェスティ』戦略

  • 主役は杉山健三の「手」 マルマン『マジェスティ プレステジオ テン』発表

  • 脱シニア、Mシリーズ傘下で若年層も視野に入れた新生グローレ

  • ゼロ スリクソンで開発一新 川松英明本部長がゼクシオとの切り分け術を動画説明

関連記事

  • ボルビック ビビッドの新ボールは、柔らかさと軽さを求めるゴルファーへ

  • SRIXON攻勢か?上半期輸出ボール 52.6%増

  • ブリヂストンスポーツと共同開発したゴルフボール、『レイグラデ ビッグ ディスタンス ボール』

  • 公認なのにぶっ飛ぶ?ダンロップから新ゴルフボール『スリクソン -X-』が登場

  • ティーショットで曲がらない!?ブリヂストンゴルフ SUPER STRAIGHT(スーパーストレート)を打ってみた

  • ボルビック VIVID(ビビッド)は目立つだけじゃない高性能ゴルフボールだ