1. エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

ギア評価
この記事は約 5 分で読めます。 5,180 Views
フジクラ speeder
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

「Speeder EVOLUTION」シリーズの4代目で『EVOLUTION Ⅳ』となりますが、シリーズ全てのシャフトがそれぞれの個性があって評価の高いシャフトです。今回の『EVOLUTION Ⅳ』を握ってみるとしっかり感があり、メーカーの資料によれば贅沢な素材使いの中に、金属素材をコンポジットしているということで、他のシャフトとは違う動きが期待されます。

試打した印象は

「Speeder EVOLUTIONⅣ」の「66 1」のSフレックスを試打してみました。まず第一印象として「しっかりしているなぁ」と印象を受けました。既存のスピーダーというシャフトのイメージと比較したら、シャフトのしなり戻りの量が少ないように感じます。

シャフト全体の剛性感が強いということだと思います。その結果、インパクト時のエネルギー効率が高く、ボールの初速が増加していますね。また、シャフトのしなり量が比較的少ないということは左を怖がることなく、しっかり叩きにいけるシャフトだと感じています。

何故、そのような挙動?

さまざまな高強度のカーボン繊維の採用によって、しっかりと叩きにいけるシャフトに仕上がっていますが、それに加え藤倉独自の銅箔シートをコンポジットしています。その金属独特の粘り、重量感などが、よりEVOLUTION Ⅳのしっかり感を作っているようですね。

どのようなゴルファーにオススメ?

タイミングやスイングテンポで振っていくゴルファーよりは、プレーヤー自身が能動的に叩きにいけるシャフトです。もうひとつ分かりやすい表現では、シャフトの挙動の特徴からみると、大きなしなりを利用するスイングをするゴルファーではなく、ドライバーもアイアンのようにシャープに振っていきたいゴルファーに、マッチしているシャフトだと考えます。

また、ラインアップには40g台の、いわゆる軽硬の『474』がラインアップしています。この『474』では新たなユーザー層が見えてきます。40g台の『474』はシニアの入り口に差し掛かった競技ゴルファーには、軽いけどしっかり感がある、積極的に叩いていけるシャフトとして活躍しそうですね。

全体的にはエネルギー感溢れるシャフトです。積極的に叩いていけるという面では、ゴルファーには安心して使用できるシャフトだと思います。

商品データ

4代目となる『Speeder EVOLUTIO N Ⅳ』は、2015年に発売した『Speeder EVOLUTION Ⅱ』のミートしやすい設計をベースに、最新の素材を採用し叩き感が一段と向上。歴代シリーズを支えてきた高品質のカーボン繊維を贅沢に使用することで、つかまりを改良。高次元で叩き、つかまり、しなりが融合したシャフトと自信を漲らせている。

贅沢な素材使いは、叩けるフィーリングを実現した三菱ケミカル社製 高性能中弾性炭素繊維「パイロフィル?MR70」、中調子の高い操作性とつかまりが強いインパクトを可能にした「90トンカーボン」、そして無駄な動きを排除しより素直なしなり戻りを実現した樹脂量の少ない「RC20%プリプレグ」を採用。また同社独自のメタルコンポジットテクノロジーで銅箔シートを融合。安定したしなり戻りを提供している。

価格:4万円

SPD474EVO IV

重量(g)トルク(°)Tip径(mm)Butt径(mm)K/P
R245.55.38.515.00
R475.28.515.10
SR48.55.28.515.10
S505.28.515.20

SPD569EVO IV

重量(g)トルク(°)Tip径(mm)Butt径(mm)K/P
R564.68.515.00
SR57.54.68.515.15
S594.68.515.15
X60.54.68.515.25

SPD661EVO IV

重量(g)トルク(°)Tip径(mm)Butt径(mm)K/P
SR65.53.78.515.20
S67.53.78.515.25
X69.53.78.515.30

SPD757EVO IV

重量(g)トルク(°)Tip径(mm)Butt径(mm)K/P
S773.18.515.40
X793.18.515.45

商品のお問い合わせ 藤倉ゴム工業・スポーツ用品事業部

TEL:03-3527-8433
http://www.fujikurashaft.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

フジクラ speeder

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • ミズノの新ブランドGXを試打 ヘッドスピード40m/sでも246ヤード飛んだ!

    • 飛ばなくなったゴルファーへ クラブ作り60年 神の手が作ったアイアン

    • 賞金女王も絶賛 鈴木愛が認めたピンの飛び系G700アイアン

    • 12人中11人のヘッドスピードがアップしたエスティバンゴルフ試打会

    関連記事

    • アッタス史上初の「軽硬」を採用。ボール初速とつかまりを最大化したATTAS CoooL(アッタスクール)

    • TOUR AD IZ 精悍なマットブラック PTとDIの遺伝子を受け継ぐサラブレッドが誕生

    • HS37m/s以下限定で30ヤードアップ? 軽量シャフト研究から生まれた『ラフィーナ』

    • MODUS3ユーザー必見!Regioとの理想の組み合わせN.S.PRO MODUS3 & N.S.PRO Regio Formula

    • ディアマナ RFは飛びにこだわるアスリートへおすすめ!永井プロの試打インプレッション

    • 軽量シャフトの真骨頂 クライムオブエンジェルの新製品ライトニングエンジェルを徹底検証