1. これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーEZONE GTを徹底検証

これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーEZONE GTを徹底検証

ギア評価 ヨネックス
この記事は約 5 分で読めます。 14,846 Views
これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーを徹底検証
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

カーボンクラウンの低スピンとカーボンシャフト、縦研磨で曲がらない『EZONE GT』ドライバー

ヨネックスから12月に発売予定の『EZONE(イーゾーン) GT』ドライバー。クラウンにオープンウィーブカーボン材を採用し低重心化を促進したのが最大の特徴ですね。それに加え、「Namd(エヌアムド)」を採用したカーボンシャフト、縦研磨のフェースが特徴だということです。

まず、見た目ですがグリップ下の赤とシルバーのデザインから、ヘッドの方に降りていくとシャフトはマットブラック。そこにカーボンクラウンの格子模様が目に入り、そしてフェースに施された縦研磨のミーリングが見えて、クラブとして一体感があってカッコイイですね。

そしてヘッドは450㎤ですが、ヘッド体積も大きすぎず小さすぎず安心感があり、表示ロフトよりもロフトがあるように見えますのでボールが捉まって高い弾道をイメージさせてくれます。

それでは『イーゾーン GT』のテクノロジーを検証してみましょう。

 

試打した印象

これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーを徹底検証

やはり一番感じるのは、カーボンクラウンによる低重心感、そして低スピン感ですね。ロフト角は表示より大きく見えますが、吹き上がらずに低スピンでキャリーと共にランも出ています。言い換えれば中弾道、または、低スピンの直進性が強い弾道が打てるドライバーです。 

フェースの縦研磨に関して言えば、真芯を少しズラして打っても大きく曲がることなくフェアウェイにボールが残っています。曲がらない弾道というのが印象的ですね。

そして、シャフトのしなり戻りが強く素直な挙動でレスポンスが優れています。「Namd(エヌアムド)」によるものと思いますが、シャフトのツブレによるモタつきがなく、結果的にヘッドが暴れずインパクト時に当たり負けしません。

スイングトップから大きなしなりがあるシャフトなのでタイミングが取りやすく、それでいてしなり戻りが速いのでインパクトで間に合う。シャフト単体でもバランスの良い40g台のシャフトで、純正シャフトでも十分高い性能を発揮していると思います。さすがヨネックスですね。

そして再度ヘッドを分析してみると、重心距離が短くヘッドの操作性も非常に高い。

総合的に見ても、ヘッドの低重心・低スピン感、フェースの縦研磨による曲がり幅の少なさ、そしてシャフトのしなり戻りと安定した挙動というように、完成度が高いクラブに仕上がっていると思いますよ。

 

対象ゴルファーは

『イーゾーン GT』ドライバーは、完成度が高く、良い意味で曲がらないドライバー。それでいて操作性も高く、純正シャフトも非常に性能が高い。そのような意味では、ゴルファーの技術を引き出すという意味で、マニュアル的なクラブなので、上級者にも十分満足できるクラブだと思います。

一方で、良い意味で曲がらない。その直進性はオートマチックで、その観点から対象者を導き出せば、必ずしも上級者に限らないと思います。

つまり、上級者だけではなく幅広いゴルファーに満足行く、そして曲がらず直進性の高い弾道を提供するクラブというのが、私の正直な感想ですね。

 

商品情報

ヨネックスから12月に発売予定の『イーゾーン GT』ドライバーは、ヨネックスが最も得意とするカーボン技術を駆使し、クラウンに「オープンウィーブカーボン材」を使用した低重心・低スピンのドライバーだ。

具体的には、カーボンクラウンに新素材「オープンウィーブカーボン材」を採用し軽量化しながら、内面をハニカム構造にすることで高強度化して、低重心による高弾道・低スピンを実現。

カーボンシャフトは同社のカーボンテクノロジーの粋を集めており、炭素繊維に直接カーボンナノチューブを採用した新素材「Namd(エヌアムド)」を使用。大きくしなりながら、しなり戻りが速く、高初速を生んでいる。そしてフェースに施された縦研磨。方向性を高める研究から生まれた新発想の直進スピンフェースを採用。スピン軸が安定し直進性が向上している。

シリーズのFW、UT、アイアンには同社独自のカーボンシャフト、フェースの溝の技術が搭載されており、ドライバーと同時に発売される。

  • ヘッド素材・製法:ボディ/8AL-1Mo-1チタン精密鋳造、フェース/6AL-4Vチタン圧延材、クラウン/オープンウィーブカーボン、スリーブ/A7075アルミ合金、ウエイトビス/タングステン合金+アルミ合金
  • シャフト/REXIS for EZONE GT シャフト:カーボン(Namd複合)
  • グリップ/オリジナルラバーグリップ
  • 価格/6万3000円(税別)

 

EZONE GTのお問い合わせ:ヨネックス

TEL:03-3833-3526
http://www.yonex.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

これぞヨネックス! “カーボンテクノロジー”の粋を集めた新ドライバーを徹底検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミズノプロに『319』と『719』が追加! 全6タイプからの選び方

  • ピン上半期売上2.1倍のなぜ? 岡田健二副社長が動画で語る

  • レーザー距離計にGPS機能が搭載! ガーミン アプローチZ80で楽にスコアを縮めよう

  • 上半期210%のピン、10年連続増収へ飛び系アイアンi500投入

関連記事

  • ゼロ スリクソンで開発一新 川松英明本部長がゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • スリクソンがやさしく生まれ変わる! 反発エリア176%拡大でミスに強く飛ばす

  • ヘッドスピード30m/s前後の女性に向けたヨネックスの新モデル「EZONE GT」

  • 生卵を7mから落としても割れないゴルフシューズ ヨネックス『エアラスゴルフ 1』の衝撃吸収

  • YONEX GOLF 2018 – ヨネックスWebカタログ

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」