1. 永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

永井プロが打ち比べ!キャロウェイのローグとエピックは何が違うのか!?

ギア評価 ムービー キャロウェイ
この記事は約 5 分で読めます。 7,683 Views
ローグ エピック

やさしさで、飛距離で、EPICを超えなければ意味がない-。

「エピック」の大ヒットから1年、キャロウェイの新製品「ローグ」のキャッチフレーズだ。

ローグの特徴はフェース裏側に装着された「2本の柱」ジェイルブレイクテクノロジーの継承と進化で、やさしくボールを拾えてハイドローで飛ばせるところにあるという。

エピックからどう進化したのか?

今回は日本仕様の「ROGUE STARドライバー」と「GBB EPIC STARドライバー」を永井プロに打ち比べてもらった。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

ローグの見た目の印象は

ローグとエピックは、構えた印象が違いますね。ヘッド体積(460㎤)と長さ(45.75インチ)は同じですが、ローグはエピックよりも明らかに投影面積が大きいですし、ライ角が少しフラットに感じます。

左:エピック、右:ローグ
左:エピック、右:ローグ

 

ローグ試打インプレッション

ローグを実際に打って最初に感じるのは、ヘッドとシャフトのバランスの良さ。ヘッドは直進的に真っすぐ動く挙動が強いのですが、シャフトはしなり戻りが強く左を向きやすい。ヘッドで方向性を出してシャフトでボールを捉まえる。このバランスがいいから振れば自然にハイドローになります。

あと、ボールがフェースに喰いついて弾くので初速が速いですね。想定ターゲットをイメージしてヘッドスピード(HS)40前後で打ちましたが、クラブの加速感が予想以上に強かったので、HSも上がりました。

こういった特徴を一言で表現すると、究極の吊るしクラブといえるのではないでしょうか。

ローグ

ショップで試打せず購入、朝イチのティーグランドでビニールを剥がして打っても簡単にナイスショットが出てしまう。打ち手が何もする必要がない、オートマチックなドライバーですね。

アベレージを中心に、こういったモデルを求める人はかなり幅広い。プロでもオートマチックにハイドローを打ちたい人はいるので、シャフトの硬度を選べば武器になりそうです。

唯一、ローグが合わない人は、自分でクラブを操作してインテンショナルなボールを打ちたい人で、そういう人にはエピックの方がいい。

ローグ・エピック試打

実際、エピックのヘッドはローグのヘッドよりもアップライトなライ角も含めてドローが打ちやすい。こういったヘッドにはしなり戻りが強いタイプよりも挙動が大人しいシャフトの方が合いますし、クラブの操作性も高まります。

また、弾道を細かくカスタマイズしたい時には、重心距離の可変ができるので、出球の方向を変えずに曲がり幅が調整できる。インテンショナルなボールを打ちたい人が好む機能性がかなり搭載されています。

 

ローグとエピックを打ち比べ

永井プロに製品対象者のHSに合わせてローグとエピックをそれぞれテストしてもらった。

ローグスタードライバー試打データ

ローグスタードライバー試打

まずはローグの製品対象者であるHS40弱ほどでテストしてもらった。クラブの振り抜きが良いため、HSが想定以上に上がった。

エピックよりもボール初速が出やすく高弾道になりやすい。やさしく飛ばせることがデータでも実証された。

ローグ試打データ
試打ドライバー:ローグスタードライバー(10.5度、FUBUKI 40 R)

 
 

エピックスタードライバー試打データ

エピックスタードライバー試打

続いてエピックの製品対象者であるHS45前後に合わせてテストしてもらったデータ。

注目すべきはローグよりもミート率は低いものの、キャリーが出ている点。中・上級者が欲する打点を少し外しても強い弾道を打ちたいというニーズに応えるデータだ。

エピック試打データ
試打ドライバー:GBB エピックスター(9.5度、スピーダー エボリューション for GBB EPIC S)

 

動画で解説

 

以上、永井プロにローグとエピックの違いを解説してもらった。どちらを買おうか悩んでいる人は是非とも参考にしていただきたい。

 

お問い合わせは下記まで。

キャロウェイゴルフお客様ダイヤル
TEL:0120-300-147
https://www.callawaygolf.jp

 

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ローグ エピック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゼロ スリクソンで開発一新 川松英明本部長がゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • スリクソンがやさしく生まれ変わる! 反発エリア176%拡大でミスに強く飛ばす

  • COOLSHOT PRO STABILIZEDでスコアは縮められる? 100切りを目指す男が使ってみた

  • 【2018年5月】ゴルフシューズ売れ筋ランキング プーマが2ヶ月連続で1位を獲得!

関連記事

  • キャロウェイ2018年度第一四半期、記録的好業績を発表

  • 写真で振り返る新製品発表会 キャロウェイ「ローグ」

  • ローグとエピックは何が違うのか。キャロウェイの庄司副社長に色々聞いてきました

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

  • キャロウェイがセルヒオ・ガルシアとの契約を発表