1. 日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

ギア評価 ムービー
この記事は約 4 分で読めます。 1,536 Views
日幸物産 CLOZSER

コンポジットテクノ社との共同開発で生まれた日幸物産の「CLOZSER(クローザー)」をティーチングプロの永井延宏氏に試打検証していただきました。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

 

全体的にはしなやかで中間部の高い剛性が特徴

日幸物産 CLOZSER

『クローザー』は手元からミッドにかけて独特なグラデーションのデザインで、ミッド部はカーボン繊維の素材感が出ていて特徴的なコスメです。

ワッグルしてみると、Rフレックスで大きなしなりを感じます。ただし、中間部は高い剛性感もフィーリングとして伝わりながら、先端はしなやか。では実際に試打してみましょう。

  

大型ヘッドならフェースを左に VIVALはハイドローに

日幸物産 CLOZSER

まずは大型ヘッド装着の『クローザー』ですが、シャフト挙動が大きく、大型ヘッドですが、ヘッドをしっかりと左に向けてくれます。重心距離の長いヘッドでも、シャフトの仕事量が大きい。特にスライサーでも良い結果が生まれますね。

一方で、同社のヘッド『VIVAL』との相性も考えられています。ですので、『VIVAL』装着のシャフトも打ってみると、先ほどより少しシャフトの挙動が変わります。

『VIVAL』の性能を引き出し、ハイドロ―が打てて相性はバッチリ!

  
 

大型ヘッドの深重心設計を生かす大きな横しなり

それではギアーズのデータを見ていきましょう。

日幸物産 CLOZSER ギアーズデータ

大型ヘッドを装着した仕様だと、シャフト挙動はしなり戻りの動きを強く感じました。フェースが左に向いていて、シャフトの「ツイスト」(捻れ)で見ると大きめの数値が見えます。次に左に行かないように調整して打ってみましたが、「グリップロール」の数値(手を返す度合い)を少なくしてストレートボールに近づけていきました。

その動作の割にはシャフトの挙動は変わらず、縦横のしなりは大きい。アマチュアゴルファーにありがちな手元が流れる現象。それのような状態でもシャフトの反応が強い。逆の言い方をすれば、手元が流れてしまうゴルファーでも、シャフトが助けてくれる。それも大型ヘッドでもシャフトが仕事をしてくれるという点は特筆すべき点です。

インパクトでは、大型ヘッドの深重心よりシャフトの横しなりが強く、ヘッドが前に出る挙動で、且つトゥダウン量も大きいので、フェースセンターでヒットできます。その点は縦横のしなり量の数値からも表れています。

 

VIVALなら相性抜群 ハイドローも夢じゃない

日幸物産 CLOZSER

一方の『VIVAL』装着仕様ですが、こちらはコンパクトなヘッドで重心距離も短い。ギアーズデータにも表れていますが、深重心の大型ヘッドに比べてキックバックが少ない分、縦方向のしなり量が多い数値になっています。

とはいえ、流石に相性の良いヘッドということで、縦横のしなり量のバランスは理想値に近づいています。つまり、シャフト本来の性能が強く発揮されています。

大型ヘッド装着時より縦方向のしなり量(トゥダウン)が多いということは、打点がフェース上部トゥ寄りに集中します。ギア効果も発揮してハイドローが打てる組合せになります。

いずれにせよ、ゴルファーに大きな恩恵を与えるシャフトということが、ギアーズの数値からも証明されました。

 

クローザーのお問い合わせ

日幸物産
TEL:03-3394-1033
http://www.nikkobussan.co.jp/clozser/

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

日幸物産 CLOZSER

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 永井プロの評価は?

  • 日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

  • GPSとレーザーが1台になったガーミンの『アプローチZ80』

関連記事

  • 鋳造の工程とは? ワックスツリーと鋳型の作り方

  • 日幸物産 CLOZSERを徹底検証! その評価は?

  • 日幸物産 DIRETTO Limitedを永井プロが検証

  • 日幸物産から創業50周年記念『DIRETTO Limited』

  • 初中級者向け『VivalU』発売

  • 『VIVAL』シリーズにFW登場