1. 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 永井プロの評価は?

三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 永井プロの評価は?

ギア評価 ムービー 三菱ケミカル
この記事は約 4 分で読めます。 2,361 Views
三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

米国でブレイクした『クロカゲ』。日本に逆輸入というイメージですが、今回発売されたのが『XD』。見た目も精悍なシャフトをティーチングプロの永井延宏氏に試打検証してもらいました。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

構えてみた印象

三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

『クロカゲXD』はチタンニッケル繊維を先端に二層(=デュアルコア)構造で配置しています。それによって先端を強化して、低スピンを実現しています。

50g台から80g台の重量帯があり、今回の試打は、50g台のRフレックスと60g台のSフレックス。50g台はシニアやアマチュアゴルファーでも十分に使用できるスペックで、確かにワッグルしてみると、しっかり感はキープしながらもしなやかさがあり、適度な動きがあるシャフトであることを予感させます。

 

実際に試打してみると

三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

50g(R)を打ってみました。まず感じたのは、軽めのシャフトにありがちなシャフトがつぶれて中間部で折れ曲がってしまうような“中折れ感”がなく、シャフト全体がしなり、50g台の軽さによるスピード感、振りやすさがあって非常に心地良いフィーリングです。

 

縦と横のしなり量が安定 高いミート率のXD

三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

まず50g(R)と60g(S)では、しなり戻りのタイミングがほとんど変わらない。つまり、スペックが上下してもストレスのない振りやすさに繋がります。フレックス選定や重量選定が最適であれば、難しいシャフトではありません。これが『クロカゲXD』の基本の特長だと考えてください。

そしてしなりですが、50g(R)は縦しなりと横しなり、共に大きな数値ですが、しなり戻り量やトルク値は比較的大きくないです。シャフトのツブレが少ないということです。

一方で、60g(S)になると縦横のしなり量はフレックスが硬くなった分だけ少なくなりますが、ただし縦横のしなり量の割合は50g(R)とほとんど変わりません。全体のシャフト挙動もスムーズで、縦と横のしなり量が安定しているので、結果としてミート率が高いシャフトに仕上がっています。そして、60g(S)はフレックスが硬い分、低スピンとなり安定したミート率だけではなく、飛距離にも繋がっています。

50g(R)はアベレージ〜シニアでも使える。60g(S)は低スピンで飛ぶシャフトで共に高いミート率。

 
 

ギアーズ映像で分かるXDの特長とは?

三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

シャフトのしなり戻りがマイナスからプラスに変わりインパクトゾーンに入るタイミングで、縦横のしなり量が滑らかに増加していきます。シャフトが滑らかな挙動、加速していることの証拠です。

そしてインパクトを向かえた時の縦横のしなり量比が0・85という数字で、ギアーズでは理想値に近い数字です。その結果、ミート率が高い。しなり量の縦横比が最適なバランス値なので、インパクト時にトゥダウンでシャフトはアーチを描きますが、手元からの直線上にフェースセンターが位置してインパクトポイントになるというわけです。

これは50gでも60gでも同じです。『クロカゲXD』はツアーユースのイメージが強いですが、50gは決して難しいシャフトではありませんので、店頭でも自信を持ってお勧めできるはずです。

三菱ケミカル2018年製品カタログはこちら

 

 

KUROKAGE XDのお問い合わせ

三菱ケミカル コンポジット製品事業部 営業G
TEL:03-6748-7606
http://www.mitsubishichemicalgolg.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの注目記事を受け取ろう

三菱ケミカル KUROKAGE(クロカゲ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - ゴルフ用品と市場活性化情報の提言メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 永井プロの評価は?

  • 日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

  • GPSとレーザーが1台になったガーミンの『アプローチZ80』

関連記事

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト

  • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

  • グラファイトデザイン ツアーAD IZ 高初速ヘッドの性能を最大限に引き出すシャフト