1. TOP
  2. 注目記事
  3. ギア評価
  4. 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

N.S.PRO Zelos 6

日本シャフトから発売された世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」。Zelos 7よりも約6gの軽量化に成功した、Zelos 6の実力はいかに?

今回もティーチングプロの永井延宏氏にギアーズを使って、試打検証をお願いしました。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 

タテとヨコのしなりのバランスが秀逸 強弾道なのに縦の距離感が合う

N.S.PRO Zelos 6

実打(7番アイアンに装着)した印象ですが、やはり手元からよくしなります。特に、縦方向、トウダウン方向にしなりがかなり入るので、アイアンらしい厚いインパクトが実現できます。

あと、打っていて非常にエネルギー効率がよくミート率の高さも伺えます。アイアンでインパクト効率が高過ぎると、ボールが強くなり過ぎてグリーンで止まらないというデメリットも出てきますが、『ゼロス6』は縦のしなりだけではなく横のしなりもしっかりと入るので、適正なインパクトロフトが確保できて、打ち出しの高さとスピン量もあります。

だからアイアンに求められるグリーン上でしっかりと止まる弾道になりやすいですね。

また、スチールらしいゆったりとしたテンポでシャフトがインパクトに入ってくるので、スイングのタイミングも作りやすい。それでいて、アイアンらしい縦の距離感も合う。とてもパフォーマンスの高いシャフトだと感じます。

 

ハーフウェイダウンからインパクトまでのタテとヨコのしなりのバランスがいい

日本シャフト N.S.PRO Zelos6

次に、ギアーズで縦と横のしなりの度合いを見たのですが、注目したいのはハーフウェイダウンからインパクトに入ってくるところのシャフト挙動。縦と横のしなりの度合いが適正でその形のままインパクトでボールを捉えられます。

しなりの縦横比のバランスがいいと自分でイメージしたラインにクラブが振り易くなる。いわゆる面がしっかりと作れるので方向性を上手く出せますね。

こういった特徴を踏まえると、対象ゴルファーはやはりスチールにこだわる人。今はカーボンを使っているけど振り心地が軽い。ゴルフを始めた頃のように厚いインパクトでしっかりとターフを取ったアイアンショットを打ちたい。そんな人にはすごくおススメです。

カーボンシャフトでアイアンを上手く打てる人はそのままカーボンを使ってもいいと思いますが、そういうカーボンユーザーでもウエッジなど短い番手でもっとヘッドの重さを感じて打ちたいという人には、『ゼロス6』が合うと思いますので、是非一度試してほしいですね。

 
▼動画もチェック

 

N.S.PRO Zelos 6スペック

N.S.PRO Zelos 6

長さ(インチ) 重量(g) バランスポイント(%) トルク(°) K/P Tip径(mm) Butt径(mm)
37.5~35.0(#5~#W) 68.5 51.9 3.0 14.50 9.02

価格:オープン価格(予想実勢価格:6,000円/本・税別)
※#3、#4はオプション。

 

N.S.PRO Zelos 6のお問い合わせ

日本シャフト
TEL:045-782-2562
http://nipponshaft.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

N.S.PRO Zelos 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • パーフェクトプロのグリップなら「両手にグローブする必要がないかも」

  • 永井プロ「ツアーAD VR」試打レビュー ヘッド性能を引き出す新シャフトの評価は?

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • パーフェクトプロのグリップで85歳が199ヤード 「高齢者の手指にとても優しい」

関連記事

  • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』

  • 『BASSARAハイブリッド/アイアン』に40g台登場

  • ワクチン初の60g台『GR560』

  • 日本シャフト N.S.PRO 2017 Webカタログ

  • 日本シャフト、「モーダス3」シリーズ4作目を投入

  • TRPX三宿に直営店OP