1. 注目記事
  2. ギア評価

Aozora no saki ni(アオサキ)シャフトを永井プロが試打検証 

ギア評価 ムービー 浅水敦
Aozora no saki ni

スリリングの新シャフト『Aozora no saki ni(通称:アオサキ)』。特徴的なデザインのシャフトを、今回も永井延宏プロに検証していただいた。

キャッチコピーは「青空の先に。その飛びは未だかつてない風景にあなたを導く」

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

見た目、ワッグルしたときの印象

Aozora no saki ni(アオサキ)

『アオサキ』は、前作の『ハルカナ』同様、シャフトのデザインが独創的ですね。ティーグラウンドへ上がる時に、心が躍りワクワクさせます。

試打シャフトはフレックスSR(重量52g)を装着。ワッグルすると、丁度コスメの分岐点であるミッド部からバット部にかけてしっかりさを感じることができました。

性能面で特筆すべき点は、フープ層へ採用した高弾性繊維が挙げられます。これにより、つぶれ変形を防ぎ、切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングに移行できる仕組み。また、フープ層は輪形状になっているため、しなり方向に許容性があるのも特徴といえます。

しなりにメリハリがあるコンセプトが明確で、朝イチOBが激減するシャフト

Aozora no saki ni(アオサキ)

シャフト性能は大胆な設計と明確なコンセプトに基づいて作られているのが分かります。具体的には、ミッドまでは全体的なしっかり感があり、ミッドから先はムチのようにしなり戻るメリハリの利いたシャフトといえるでしょう。

尖がった印象の『アオサキ』ですが、タイミングは非常に取りやすいですね。シャフトが暴れる感じは一切なく、ゆったりした素直なしなりが得られました。この部分は、フープ層へ採用した高弾性繊維の効果によるものでしょう。ほどよい剛性感があり、タイミングの取りやすさへ貢献。フープ層がひとつひとつ順番に潰れながら、スムーズにしなっていくという表現の方が分かりやすいかもしれません。

そして、ダウンスイングからは、先端部分が一気に走って、ムチのようなしなり戻り。

インパクト付近の挙動にも要注目。しなり戻りに合わせて、ヘッドがきちんと左へ向く動きが入ってくるので、つかまったドローボールが容易に打てました。

どんなゴルファーにおすすめか?

 

重量帯が50g台ですから、ある程度振れるゴルファーが見えてきます。自称ヘッドスピード40前後、リアルだと30台後半だけど、女子プロと張り合いたい方や元気なシニアにもお薦めしたいですね。

基本的につかまりの良いシャフトなので、大型ヘッドと組み合わせて適度なつかまり仕様にしても◎。『アオサキ』は、シャフトそのものの動きが大きいですから、インパクトロフトを作ってくれる安心感もあります。そういう意味では、プロギアの『RS』やヤマハ『リミックス』など、シャープなヘッドでライナー性の弾道で飛ばすのもひとつの選択肢です。

スムーズな切り返し、球がつかまる動きをシャフトがするので、朝イチショットで右へのすっぽ抜けやスライスでOBを打ちたくないゴルファーにも朗報。どちらかというと、スイングリズムがゆっくりめのゴルファーが恩恵を授かれますが、シャープに振りたい人は、ワンフレックス硬めを選ぶと良いでしょう。

ホワイトカラーは、フレックスRのみの展開となりますが、ある程度振れて、球がつかまらない女性ゴルファーにもお薦めです。

Aozora no saki ni(アオサキ)お問い合わせ

スリリング
TEL:048-971-7820
https://threering.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

Aozora no saki ni

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?

  • ファイテン「技術参入に商機」コラボ戦略で描くゴルフの未来

  • レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

  • 石井忍主宰のインドアゴルフスタジオ「エースゴルフクラブ赤坂」オープン

関連記事

  • 思いっきり振るだけで飛ばせるシャフト「マーベリック」を検証 高弾道・低スピンはシャフト任せ

  • 三菱ケミカル「クロカゲXD」を試打検証 安定したスピン量に高いミート率のシャフト

  • 「TOUR AD Uシリーズ」ユーティリティ専用シャフトの実力は?

  • 世界最軽量スチールシャフト「N.S.PRO Zelos 6」を永井プロが検証

  • フジクラ スピーダー TRを永井プロが試打 飛距離と安定性を両立した叩けるシャフト

  • エネルギー溢れるEVO Ⅳ 安心して叩けるシャフト『スピーダーエボリューション Ⅳ』