1. 注目記事
  2. ギア評価

スイングを安定させるグリップ力 STM M-3グリップを永井プロが検証

ギア評価 ムービー 吉村真
STMグリップ

STMのプロ監修モデルMシリーズ。その中で、エラストマー素材の異硬度二層構造の『M-3』を永井プロに検証していただいた。

 

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

 
 

二層構造で高い剛性感手に馴染む表面デザイン

STM M-3グリップ

エラストマーの二層構造ですが、内側が硬い素材、外側が柔らかい素材ということで、握った時のフィーリングは柔らかい印象です。

表面はしっとりした感触と、表面構造をハッキリと感じることができるため、非常に手に馴染むグリップ。形状的には、グリップエンドからチップ側まで、分かり易く均一なテーパー形状で、左右の手の握った時のフィーリングの違いを意識しやすいグリップだと思います。

 

スイング中のヘッドスピードの変化に対応する

STM M-3グリップ

試打をしてみましたが、内側の高硬度の素材によるグリップの剛性感が高く、スイング中のゴルフクラブの情報(ヘッドの位置、シャフトのしなり具合など)をスピーディーにゴルファーに伝えてくれるクイックレスポンスなグリップです。

インパクト時には、その情報伝達スピードの高さによって、手に伝わってくる印象としてはインパクト時のエネルギー効率の高さが感じられます。

また、スイング中にはクラブの重さによる遠心力で手元にかかる負荷が変化していきますが、二層構造の特長によって、手元に吸い付くようなフィーリングが感じられます。この機能はやはり、プロ監修モデルという意味でも、ヘッドスピードの繊細な変化に対しても対応して、信頼できるグリップだという印象を受けました。

また、先ほども話しましたが、高い剛性感がスイング中のクラブの情報の伝達スピードの速さにつながっているわけですが、これもプロ監修モデルという意味では、繊細なタッチを要求されるアプローチショットなどに大きなメリットになる特長だと思います。

 
 

レスポンスの良さはスチールシャフトとの相性抜群

STM M-3グリップ

『M-3』の試打印象は、ゴルファーが信頼してショットに臨むことができるグリップだと思いました。その高い信頼性や情報伝達スピードなどを考慮すれば、比較的に挙動のゆっくりとしたスチールシャフトなどとのマッチングの良さがイメージできます。

グリップの重量は軽量タイプではありませんから、軽量スチールから重量帯の重いスチールシャフトまで、幅広いターゲットにマッチします。

特にスイング中の高いレベルでのレスポンスがありますので、まずは繊細なタッチが要求されるウエッジなどに装着して、ショートゲームで機能を味わうことから試しながら、ドライバーまで装着してみるという道筋もイメージできますね。

また、カラーラインアップも5種類と豊富なので、その点でも楽しめそうなグリップです。

 

STM M-3グリップ概要

STM M-3グリップ

トーナメントプロ監修モデルで、プロを満足させたこだわりのグリップ形状。表面、裏面でグリップパターンを変えることで粘りつくようなフィット感を実現。

汗や雨に強いグリップは、ウェットな環境でもタオルで拭くだけで粘りのあるグリップ力が復活。50gの重量感があるグリップがスイングを安定。

LPGA優勝数経験をもつSシリーズの機能をプラスし、二重構造機能を成功させねじれをさらに軽減している。

 

M-3グリップのお問い合わせ

STM
TEL:06-6608-8001
http://www.stmgolf.com


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

STMグリップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

  • 振り遅れを防ぐ 「同調系」軽量シャフト 『K’s-NINE9』

関連記事

  • 安定した飛距離性能を Arch『164α』『PROTO TYPE』シャフトを永井プロが徹底検証

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

  • なぜTRPX『アフターバーナーAB501』は高初速・低スピンが打ちやすいのか

  • jBEAMの新製品『ZY-9』『J3 TOUR』を試打!イメージ通りの球が出るか

  • ミート率が上がるシャフト『ハドラス スマッシュ』を永井プロが試してみました