1. TOP
  2. 注目記事
  3. ギア評価
  4. 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

ディアマナDF

今回は三菱ケミカルの『ディアマナDF』を試打してみました。フレックスのラインアップは50g台から80g台ですが、50g台と60g台で4フレックスを用意しており、50g台と60g台がメインとなることが分かりますね。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

叩けるのにやさしい安定性と飛距離に変える『ディアマナDF』

ディアマナDF

第一印象は昨今の大型ヘッドとの相性が良いように思われます。米PGAツアーのトッププロに代表されるような460㎤の大型ヘッドをパワーを最大限に出力して振り切るスイングにマッチするように、スムーズなシャフト挙動ながら無駄な動きが一切無いという印象です。

スイングのどの局面でもダイレクトにヘッドの挙動を感じることができるので、ヘッドの操作性が高い。先端剛性がしっかりしていて、フェースにボールが長い時間乗って押していけるイメージがあり、それによってインパクトでのエネルギー効率を高めているシャフトといえそうです。

ディアマナDF

その中で50gのRフレックスは大変興味深いライアンアップです。無駄な動きを極力抑えた中で、50gのRフレックスは少ししなりや動きを感じます。基本的には叩きに行けるしっかりとしたシャフトなのですが、スペックさえ選べば非力なプレーヤーも飛ばしにつなげることができます。レッスンの時に「シャフトはヘッドにエネルギーを伝えるパイプ」と説明する事がありますが、そのようなイメージが湧くシャフトですね。

動きすぎるシャフトを使っていてゴルフを難しくしていると思われるゴルファーなどに最適だと思います。 

50gのSフレックスは硬さが増す分、シャープな振り心地で、Xフレックスになると米PGAツアーで言われる「カルカタ」の世界を感じることができます。今風の「とにかく振り切る」スイングには50g台のSやXフレックスがマッチすると思いました。

60gのSフレックスでは、重量感を感じることができ、ゴルファーにリズムを取りやすくする情報を提供してくれます。ゆったりとしたスイングリズムのプレーヤーにマッチするでしょう。

ディアマナDFの特長、対象ゴルファーは?

伊藤 成就 三菱ケミカル株式会社 高機能成形材料部門 炭素繊維複合材料本部 コンポジット製品事業部 営業グループ 担当課長
伊藤 成就 三菱ケミカル株式会社 高機能成形材料部門 炭素繊維複合材料本部
 コンポジット製品事業部 営業グループ担当課長

永井「まずは素材や構造について教えてください」

伊藤「はい。まず『ディアマナDF』の開発テーマですが、飛距離と方向性の両立を掲げました。それに加え、「本当にやさしいシャフトとは何か?」を裏テーマとしてプロジェクトがスタートしました。

構造的には中間部から先端部の剛性が高いシャフトは、難しい印象をもたれがちですが、インパクトが安定するんですね。技術レベルが高くないゴルファーが、かえって打点が安定する。

その先端部分には高強度炭素繊維MR70とボロン繊維を複合成形することで強化しています」

永井「ボロン繊維が先端に複合成型されることで、全体的には穏やかな挙動になっているのですね?」

伊藤「そうですね。シャフトが動き過ぎないのだけれども、硬すぎない。そのフィーリングを材料使いで実現しています」

永井延宏 

永井「アマチュアにとっては「しなりが大きいシャフトがやさしい」と言われますが、逆のコンセプトですね」

伊藤「そうですね。「弾く」「走る」シャフトがやさしいというコンセプトもありますが、『ディアマナDF』の場合は、「スイングプレーンに乗せやすく、ヘッドの挙動が安定する」ことが多くのアマチュアゴルファーにメリットになるという考え方です。「ナイスショットしやすいシャフト」を目指したわけです」

永井「その高い安定性のおかげで、ゴルファーがやる気にさせられる、潜在能力を引き出させる印象です」

伊藤「スイング自体も向上すると思います」

永井「そうですね。50gのSフレックスやXフレックスは、ヘッドスピードの速いゴルファーにも対応していく商品構成ですね」

伊藤「その通りです。剛性の強いシャフトですので、弾道を抑えたい、左に行かせたくないプレーヤーが叩きに行けるシャフトでもあります」

永井「大型ヘッド、可変ヘッドとの相性が良いと理解しても大丈夫ですか?」

伊藤「現在のヘッド重量のトレンドは重めで重心距離も長めなので、シャフト先端にかかる負荷が大きくなっています。それに対して先端が強化された『ディアマナDF』は、そのようなヘッドに組み合わせても挙動が安定します」

永井「従来のシャフトの概念を変えるようなシャフトで、ゴルファーとヘッドが直接結びついて、インパクトを感じやすいですよね」

伊藤「スイング中のヘッドの位置が感じやすいと思います」

永井「シャフトはパイプ状ですが、ゴルファーのパワーが一気にパイプの中を流れるようなイメージ」

伊藤「そうですね。インパクト効率は非常に高いと思います」

永井「試打で感じたことを伊藤さんにご説明頂きましたが、対象となるゴルファーを教えて下さい」

伊藤「幅広いゴルファーに対応できると思います。操作性を求める上級者や左を嫌うゴルファーはもちろん、適正な重量・フレックスを選べば非力なプレーヤーや初/中級者も安定性と飛距離を追求できると思います」

ディアマナDFのお問い合わせ

三菱ケミカル コンポジット製品事業部 営業G
TEL:03-6748-7606
http://www.mitsubishichemicalgolg.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ディアマナDF

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 幅広いゴルファーに対応!「ディアマナDF」を永井プロが試打!その評価は?

  • 高弾道×飛距離アップの「スピーダーエボリューション5」試打レビュー 永井プロの評価は?

  • 匠ジャパンの2in1パターの実力を最新のパッティングトレーニングシステムで検証

  • EZONE CB701でヨネックス林田草樹社長が真剣勝負 5番アイアンで200ヤード狙える

関連記事

  • 三菱レイヨン、3社統合に伴う商号変更のお知らせ

  • 三菱レイヨン OT iron – Webカタログ

  • 三菱レイヨン 『ディアマナBF』に60TXを限定追加

  • ディアマナ RFは飛びにこだわるアスリートへおすすめ!永井プロの試打インプレッション

  • 飛距離200ヤードでも使える! アスリートだけのためじゃない「ディアマナDF」  

  • 三菱レイヨン 2014 Webカタログ