1. 注目記事
  2. ギア評価

日幸物産 CLOZSERを徹底検証! その評価は?

ギア評価 吉村真

永井延宏プロが日幸物産 CLOZSERを徹底検証! その評価は?

1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

チェックポイント

  • 爆発的なしなりでスピードを作る
  • 手元の鈍さで暴れすぎを相殺
  • 低価格、高機能で分かり易い商材

爆発的な走り、弾きの中にも暴れない手元 コンポジットテクノと共同開発の高機能シャフト

試打クラブ=Vival(9.5度)×CLOZSER(SR)

ギアーズの数値を見ると、インパクト時における横のしなり戻り(Shaft Path/Deflection)と縦のトゥーダウン方向のしなり量(Shaft Path/Droop)が多く、シャフト全体の変形量、特にミッドから先端のしなりが大きいことも映像から分かりますね。

ただし、縦と横のしなり量のバランス(Shaft Path/Ratio)が非常に良い。スイングすると、しなり量の多さがスピード感を生んでおり、シャフトが爆発的なスピード感で仕事をするというイメージです。

それに対して、手元のトルクを少し絞って(Shaft/Grip Speed)手元の挙動を抑えているため、全体的な挙動としては暴走するシャフトではありません。つまり操作性も良い。でも、大きな括りでいえば、全体的にアクティブなシャフトというのが分かりますね。

さらにグリップスピード(Shaft/Grip Speed)が比較的遅いことにも表れていて、手元を減速させてシャフトを走らせる。そういうシャフトです。

また、手元のカウンターバランスを作り上げるタングステン繊維も、シャフト全体の挙動の安定性を向上させています。具体的には、シャフト全体が鞭のようなアクティブな挙動をするなか、金属繊維特有のシビア過ぎないフィーリングが伝わってきて、シャフト自体は弾く、走るシャフトですが手元の感覚は鈍さがある。

シャフト全体としての暴れる挙動を相殺しているといえるでしょう。その意味では高機能なシャフトといえますね。

シャフト全体としては分かりやすい機能で、価格も4万5000円とリーズナブル。シャフトとしては個性的ですから、重量やフレックスをしっかりフィッティングして、理想の飛距離を実現してもらいたいと思います。

CLOZSER スペック

フレックス 重量(g) 全長(inch) Tip径(mm) Butt径(mm) トルク(°) C.P.M
R2 52 46.5 8.5 15.2 5.3 227
R 54 46.5 8.5 15.3 5.2 237
SR 58 46.5 8.5 15.4 4.9 247
S 68 46.5 8.5 15.4 3.6 257
SX 71 46.5 8.5 15.6 3.4 267

商品のお問い合わせ:日幸物産

TEL:03-3994-1033
URL:http://www.nikkobussan.co.jp

今回測定に使用したギアーズの紹介動画


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プロも使用する『TAKUMI JAPAN TYPE S/N』姫路の鍛造ウエッジを検証する

  • 高いボール初速を実現!中条カムイ『TP-Xnitrogen』ドライバーを永井プロがテスト!

  • ピストルとスクエア形状の融合『スーパーストローク CLAW(クロー)』誕生

  • パター専用『Stability Shaft(スタビリティー・シャフト)』徹底解説

関連記事

  • DIRETTOがリニューアル!最大限の反発性能を実現した『DIRETTO Opus2』

  • 鋳造ボディの製造で冷えたら「大切!」

  • 鋳造の工程とは? ワックスツリーと鋳型の作り方

  • 日幸物産「CLOZSER」 大型ヘッドでもコンパクトな ヘッドでも対応する万能シャフト

  • チタンドライバーが出来るまで ~その① 金型ってなんだ?~

  • 日幸物産 DIRETTO Limitedを永井プロが検証