1. 注目記事
  2. ギア評価

Mグローレ試打レビュー:永井プロ「高弾道ドローで飛ばす!」

ギア評価 ムービー テーラーメイド 浅水敦
テーラーメイド Mグローレ
永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

『Mグローレ』は脱シニアで幅広いゴルファーに!

テーラーメイド Mグローレ

『グローレ F2 ドライバー』の後継は、グラファイトコンポジットクラウンを採用した『M グローレ ドライバー』(8万2000円)というモデル。

従来、日本人向けモデルとしてグローバルモデルとは一線を画して展開されていましたが、今作より『Mシリーズ』の傘下に入りました。

また、今まで『グローレ』はシニアゴルファーが製品対象者でしたが、今作から年齢を問わず幅広い層のゴルファーに向けて展開するとか。どのように仕上がっているのか興味津々です。

構えた第一印象は?

テーラーメイド Mグローレ

まず、構えて感じるのは、グローレらしい高級感。光沢のあるホワイトに加え、カーボンクラウンのシルバーとホワイトの格子が上品なツートンカラーになりました。金の挿し色とのマッチングもいい。

アドレスして構えるとフェースはかなりスクエア。『Mグローレ』専用に開発された鍛造製法の「フォージド ツイストフェース」を装着していますが、独特のトゥ上部を逃がしたシェイプなので、とても構えやすいですね。

軽量化×つかまりやすい『Mグローレ』は高弾道ドローで飛ばす!

テーラーメイド Mグローレ

フェースローテーションを使いやすく、一発目からドローボールが出ました。インパクト時のフィーリングが手に伝わり、フェースには弾き感がありつつ、ボールがフェースにくっついている感触もあります。打感はやわらかいけど飛ばせる印象です。

3球ともボールスピン量が2300回転前後の安定した低スピンで良く飛んでいます。また、テーラーメイドと藤倉ゴムが共同開発した『スピーダーエボリューシュン TM』シャフトは、軽量でしなり戻りも速く、ボールもつかまりやすい。低スピンかつ力強いドローが打ちやすいと実感しました。

『Mグローレ』はどんなゴルファーに向いているか

テーラーメイド Mグローレ

メーカーの狙い通り、幅広いゴルファーが使えると思います。ヘッドスピード43未満のアベレージゴルファーに推奨したい。

打感の良さにこだわる人、そして右に吹け上がって飛距離と方向性が定まらないゴルファーは『Mグローレ』を一度試してほしいですね。日本人ゴルファーにデザイン、設計されたクラブを求める人にもおすすめです。

『Mグローレ』まとめ

テーラーメイド Mグローレ

『Mグローレ』ドライバーは、弾道の曲がり幅を軽減するという「フォージド ツイストフェース」、打球の初速アップ、スイートエリア拡大を図ったという「ハンマーヘッド」構造など、現行の『Mシリーズ』のデザインを継承しますが、差別化されるポイントは、軽量化とボールのつかまりやすさに集約されるでしょう。

今まで『グローレ』のヘッドはフルチタンでしたが、『Mグローレ』はクラウンとソール部にグラファイトコンポジットを採用。調整機能のカチャカチャを廃止し、これにより生まれた余剰重量をヒールと後方へウエイトを配置することで、ドローバイアスと低重心設計を可能にしていることが伺えます。

全体的に球をつかまえやすい構造ですから、どちらかというとスライサー向きといえます。

『Mグローレ』の総重量の目安は273g(R)で280gを切っており、『M3』→307g(SR)、『M4』→295g(S)の3モデルをそれぞれ打ってみて、それぞれの違いを体感、選択すると良いでしょう。

試打クラブ:ロフト角:10・5度、硬さ:SR

商品のお問い合わせ

テーラーメイド ゴルフ
TEL:0120-558-562
http://www.taylormadegolf.jp/


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

テーラーメイド Mグローレ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

浅水敦

浅水敦

1971年東京生まれ。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開拓営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)を経て1997年(株)ゴルフ用品界社入社。本誌及びWEB広告営業&編集、クライアントのビジネスマッチング、JGGANEWS編集委員などに従事。ゴルフ業界歴20年のベテラン記者。2003年取締役、2009年常務取締役、2017年1月専務取締役。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?

  • ファイテン「技術参入に商機」コラボ戦略で描くゴルフの未来

  • レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

  • 石井忍主宰のインドアゴルフスタジオ「エースゴルフクラブ赤坂」オープン

関連記事

  • 問われるメーカーの説明力 斬新な機能をテーラーメイドはどう伝える?

  • レーサー中嶋一貴×バドミントン元代表池田信太郎がテーラーメイド「M5/M6」を語る

  • テーラーメイド『M5 / M6』を発表 M3 / M4からの進化は「スピード」

  • 『 Mグローレ』がドライバー売上6週連続1位 人気のワケとは

  • 失敗を糧に体質改善のテーラーメイド M3とM4の好調で上半期4割増を達成したビジネス手法

  • 高弾道でめちゃくちゃつかまる『Mグローレ』を徹底解説 ドローボールが簡単に打てた