1. 注目記事
  2. ギア評価
  3. 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

ギア評価 ムービー この記事を書いた人:
 
JBEAM G-801 JBEAM ZⅡ & JBEAM ZY SAMURAI

ジェージーイーから発売された新ドライバー『JBEAM G-801』と『JBEAM ZⅡ』、新シャフトの『ZYサムライ』を永井プロにテストしてもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

JBEAM G-801の見た目の印象

JBEAM G-801

従来『JBEAM』のヘッドはコンパクトで「綺麗な丸顔」という印象がありましたが、『G−801』は「綺麗な丸顔」を踏襲しながらもサイズを大きめにしました。ただ、サイズは大きくなっているものの重心距離は35㎜とそれほど長くはないので、つかまりの良さを出したい意図を感じます。

また、シャローバックにしてボールの上げやすさも図るなど、やさしく飛ばせる工夫も凝らしています。

JBEAM G-801を試打「ボールへの当たりが強い」

JBEAM G-801

『G-801』を打った印象は、予想通りつかまる。ほとんどドロー系の弾道が出ました。そして特徴的なのが、ソールに配された3点ウェイトの効果なのか、ボールへの当たりがかなり強く、ボール初速も68.2とかなり速いですね。

JBEAM G-801

それがキャリーにもつながり、260ヤード(総飛距離280ヤード)を記録。私としては出ている方です。そして、打ち出し角が12.5度、バックスピンが2400rpmを切っているので十分に低スピン高打ち出しといえるでしょう。

JBEAM ZⅡの見た目の印象

JBEAM ZⅡ

『ZⅡ』は『G-801』よりもディープフェースでフェースのトウ側も少し逃がしているので、左へのミスを防止したい意図が感じられます。ただ、『JBEAM』らしくインセットホーゼルにして重心距離(34mm)を短くしている。つかまりはいいけど左には行かないという安心感のある形状ですね。

JBEAM ZⅡを試打「飛びのポテンシャルを引き出す」

JBEAM ZⅡ

『ZⅡ』を打った印象は、やはりターゲットラインよりも左には飛ばず、少し右に出ていく感じです。ただ、トウを逃がしつつもしっかりとフェースにバルジを付けているので、右に出て左に戻ってくる弾道が特徴的です。

データを見ると、ボール初速は68.4。『G-801』よりも少し速い。その分キャリーも261.7ヤード(総飛距離283ヤード)と出ています。また、打ち出し角は13.2度、バックスピンは2400rpmを少し超えていますが、それでも低スピンの領域。『ZⅡ』も低スピン高打ち出しの弾道が出やすいといえるでしょう。

JBEAM ZⅡ

そして、『G-801』よりも叩けるし、厚みのある打球感も得られる。自分の飛ばしのポテンシャルをさらに引き上げてくれそうなモデルです。

ドラコンプロ山崎泰宏氏のエッセンスが入った『ZYサムライ』シャフト

JBEAM ZY SAMURAIシャフト

今回、双方のドライバーヘッドに装着されていたのが、『ZYサムライ』という『JBEAM』の新シャフト。これはドラコンプロ山崎泰宏氏監修のモデルです。『G-801』にはSRが装着されていましたが、SRにしてはしっかりしていて、動きの少ないタイプ。

つかまりのいいやさしめのヘッドに挙動の少ないシャフトが装着されているので、バランスの良さを感じます。今回は46インチ仕様でしたが、長めでもヘッドが捉まえてくれる安心感があります。

一方、『ZⅡ』にはSが装着されていましたが、フィーリング的にはSの方が手元のしなりを感じました。手元のしなりを使って飛ばしていく。エキスパートの意見が機能性にフィードバックされているのでしょうが、フィーリングとして強く感じるのが中間剛性の強さ。

インパクトに対してヘッドとともにシャフトも向かっていくベクトルの強さがあるので、その分エネルギーの伝達効率が高くなる。叩いた分だけ飛ぶヘッドとシャフトの組み合わせといえるでしょう。

商品のお問い合わせ

株式会社ジェージーイ
TEL:03-3860-7050
http://www.jbeam.co,jp


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

JBEAM G-801 JBEAM ZⅡ & JBEAM ZY SAMURAI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 永井プロが試打!JBEAM G-801、ZⅡドライバーの評価は!?

  • カギは新素材!NEW『スリクソン Z-STARシリーズ』を詳しく解説

  • もちっと止まる「もち肌ボール」 畑岡奈紗も納得のNEW『スリクソン Z-STAR』

  • レーザー距離計 Volvik Range FinderV1(ボルビック レンジファインダーV1)の性能は?

関連記事

  • 9月28日発売 タイトリストTS2・TS3ドライバーを徹底解説

  • ゼロ スリクソンで開発一新 ゼクシオとの切り分け術を動画説明

  • やさしく飛ばす「ゼロスリクソン」試打レビュー 反発エリア176%拡大でミスにも強い

  • キャロウェイ庄司副社長がローグを語る「技術は継いだが後継ではない」

  • キャロウェイの新ドライバーROGUE(ローグ)はエピックの後継機種じゃない!

  • ジェージーイーの新製品 一気に振り切れる『BULLET』 強・高弾道『GALPHA PRATINA』を検証