• TOP
  • GEWとは
  • ライター一覧
  • GEW 購読申し込み
  • GEW 見本誌申し込み
  • 広告掲載について
  • 運営会社
  • 事業内容
  • 企業理念・ミッション
  • CEOメッセージ
  • 会社沿革
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お問い合わせ
  • はしご型のグリップはソフトに握れてミス軽減?『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』を永井プロがテスト!

    浅水敦
    1971年東京(板橋区)生まれ、埼玉育ち。(株)明光商会入社後、7年半シュレッダー&パウチッ子&ボイスコールの営業(新規開発営業部→第3直販部配属、外務省、宮内庁、旧富士銀行、日本興業銀行、大手宗教法人を担当)...
    SNSでシェアする
    群雄割拠のグリップ市場へ映文舎ゴルフ事業部が新規参入。11月上旬に発売した『LADAR GRIP(ラダーグリップ)』(1800円)を永井プロに試打してもらった。
    永井延宏プロ
    永井延宏プロ
    1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞
    エラストマー素材を採用した、背面の溝が「はしご型」になっているのが特徴的ですね。 多くのアマチュアゴルファーは「抜ける」ことへの恐怖心から、グリップを必要以上に強く握ってしまいます。ラダーグリップは視覚的にも「抜けにくい」と感じさせるデザインにすることで、やさしくソフトに握ることを促しますが、その性能は?

    LADAR GRIPスタンダード バックライン有り

    LADAR Grip(ラダーグリップ) エラストマー素材の吸い付く感じがグローブをしていても伝わってきます。右手も馴染み、確かにラダー部分に指が引っかかります。 バックライン有ですが、小指がしっかりコンタクトしてくれるので、クラブの重さをしっかり感じながらスイングできました。この部分は安心感に繋がりますから、スイング中もタイミングが非常にとりやすい。自分のイメージで焦ることなくスイングできますね。

    LADAR GRIPスタンダード バックライン無し

    LADAR Grip(ラダーグリップ) 続いて、バックライン無を打ってみました。60、58両方ありますが、ウエッジでテストしてみたいと思います。 バックラインはありませんが、しっかりホールドしてくれますね。左手の小指から伝わってくる情報は、バックライン有と同様で、これは「ラダー形状」の影響が大きいといえます。 LADAR Grip(ラダーグリップ) ウエッジらしいバリエーションといえ、クラブを開いたり、閉じたりした時でもフェースの向きを感じやすいと感じました。つまり操作性に優れるグリップといえます。

    LADAR GRIPライト60・58 バックライン有り・無し

    LADAR Grip(ラダーグリップ) ラダーグリップは、カーボンシャフト装着のアイアン用に42gの軽量タイプ『ライト』を用意。60・58の2タイプを実際に打ってみましたが、全体のバランスは軽量シャフトの性能を一切邪魔していません。 他社製品の中には、同モデルでグリップを軽量にすると細くなったり、長さが短くなってしまうモノがありますが、『ラダーグリップ』はサイズをしっかりキープ。 シニアは力が弱くなったとしても、手が小さくなるわけではありません。そういった部分にもきちんと対応していて、軽量で肉厚感があるグリップを求める方には「ライトM58」をお勧めします。 LADAR Grip(ラダーグリップ) 「ライト」でもラダー部分のコンタクトはフェース向きを感じやすいので、クラブのトータルバランスを崩さずに、情報が伝わってきます。カーボンシャフト愛用のシニアゴルファーへ『ラダーグリップ』を推奨すれば、バランスを変えずに交換が可能です。 シニア層を手厚くカバーするグリップといえるでしょう。

    クラフトマンのテクニックが活かせる『ラダーグリップ』

    ラダーグリップのコンセプトとして、工房のクラフトマンの技術を引き出す、というのがあります。 『ラダーグリップ』の重量は、スタンダードで47gの設定。他社製品は50gが一般的ですが、3gの余剰重量により下巻きやバランス、総重量を調整することが可能です。 さらにフックめ、ウィークめに挿したいときは、先端にダイヤのマークが2ヶ所入っていますので、左右にズラせばバックライン調整の目安にもなります。ゴルファーの目線には感じさせない一方、クラフトマン向けに工夫が施されているのが分かります。 「LADER」のロゴを背面に配置しているのはそのためで、ゴルファーの目線にも配慮。新進気鋭なグリップの登場です。

    ラダーグリップ

    スタンダードモデル(47g)、軽量のライト(42g)をラインアップ。両モデルともM60・M58があり、内径の識別がエンドキャップのデザインでできるのも◎。バックラインあり、無しはもちろん、カラーはブラック・ブルー・レッドの3色展開。 ※バックライン無しはブラックのみの展開(ブルー、レッドは来年1月発売予定)。
    • 発売元:株式会社映文舎(ゴルフ事業部) TEL:03-3823-2789
    • 販売代理店:株式会社渡辺製作所 TEL:03-5604-3361
    • http://www.ladargrip.jp/
    この著者の記事
    『SPEEDSOFT INK』カラフル!ド派手!グリーン映えのビジュアルボール登場
    2024年06月16日
    この著者の記事
    HSが上がる、地面反力が使える『ペインター』シューズ、神谷幸宏が「スイングカタリスト」で徹底検証
    2024年06月14日
    この著者の記事
    VitastileGolfが導入を決めたボールマーキング不要の高精度シミュレーター『EYE XO2』 を徹底検証
    2024年06月13日
    この著者の記事
    動きに合わせて色の変化をするトランスフォームバイザーが登場
    2024年06月13日
    この著者の記事
    ヘッドスピードが上がる話題の軽量シャフト、FSP『MX-V BRN』を永井延宏プロが打ってみると
    2024年06月11日
    → もっと見る
    タグ
    グリップ