1. 注目記事
  2. ギア評価

永井プロ試打レビュー:中条カムイ『KP-103UC』アイアン

ギア評価 ムービー 吉村真

中条カムイの『KP-103UC』アイアンは『KP-103』のバックフェースにアンダーカットキャビティが深くデザインされたヘッドで、大きな低重心化で高弾道を実現するやさしいヘッドに進化した。

そのアイアンを永井プロに試打と解説してもらった。

永井延宏プロ
1969年埼玉県生まれ。アメリカ・オーストラリアでの経験をもとに、グローバルな視野と独自のティーチングメソッドを構築。NPO法人ゴルフアミューズメントパークの理事として、ゴルフ市場の発展や指導者の育成にも携わる。2006年度レッスンオブザイヤー受賞

中条カムイ『KP-103UC』はどんなアイアンか

中条カムイ KP-103UCアイアン

全体的にはハーフキャビティの形状ですが、その中のアンダーカット構造が低重心化に寄与しています。

素材は「S20C」という比較的軟らかいとされる素材で、粗鍛造を800トンで3回、仕上げ鍛造を1000トンで2回、合計5回鍛造していますから、精錬されたヘッドに仕上がっています。

中条カムイ KP-103UCアイアン フェース

一方、フェースですがスコアラインはCNCミルドで加工されており、フェース面にもCNCミルドで極細グルーブが入っています。非常に手の込んだアイアンだという印象があります。

中条カムイ KP-103UCアイアン 構えた印象

構えた印象は、双方とも少し面長なヘッドでシャローな形状。そのシャローな形状の見え方ならではで、高弾道をイメージさせてくれます。

ザ・鍛造アイアンな『KP-103UC』 アンダーカットでボールも上がる

中条カムイ KP-103UCアイアン 試打

今回は5番アイアンと7番アイアンを打ってみました。

実際、打ってみるとバックフェースのアンダーカットキャビティの低重心設計によるボールの上がりやすさを実感しますね。

中条カムイ KP-103UCアイアン 永井プロトラックマン試打データ 7番アイアン
7番アイアン トラックマンデータ

そして何より打感の良さですね。ボールがフェースにくっつくようなフィーリングで、非常にラインが出しやすい。

また、それが構えた時の、フェースをターゲットに合わせやすい特性とマッチしますので、方向性の良いアイアンという印象を受けており、パーオン率が上昇しそうなアイアンです。

中条カムイ KP-103UCアイアン 永井プロトラックマン試打データ 5番アイアン
5番アイアン トラックマンデータ

5番アイアンは、クラブ自体が長くなりスイングエネルギーも上昇します。その時に、ボールがしっかり潰れている軟鉄鍛造のフィーリングが感じ取れます。

このフィーリングは、特に昔のアイアンでゴルフを憶えたゴルファーには、魅力的な感覚といえるでしょう。

構造的には現代的なデザインが施されながら、フィーリングとしては伝統的なアイアンらしいテイストが味わえるアイアンです。

試打データを見てみますと、縦の距離の安定感、番手通りの距離を打ち分ける機能に長けていると思います。

一言で言えば、アイアンの中のアイアンという言葉が相応しく、パーオン率を高めてバーディーチャンスを多く作りたいゴルファーに勧めたいアイアンです。

永井延宏のスイング論からワンポイント

永井延宏のスイング論からワンポイント

見た目はシャープでクールな『KP-103UC』ですが、構えてみると想像以上に難しい印象ではありません。

このようなアイアンは、最近流行りの飛び系アイアンと異なり、しっかりゴルファー自身が打ちたい距離を安定的に打てるアイアンです。

そのような意味では、力むことなくいつものスイングを心掛けることが重要です。それができれば高弾道で、縦の距離が番手通り実現できてスコアメイクの武器になりますね。

価格(6本セット)
・DGS200(#5~PW):12万6000円
・モーダス3(#5~PW):13万8000円
・ヘッドのみ:9万円
・単品:DGS200(#4)2万1000円
・モーダス3(#4):2万3000円
・ヘッドのみ(#4):1万5000円


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

吉村真

吉村真

1974年1月22日生まれ、長崎県出身。
パーツブランド、ゴルフ場経営、中古ゴルフチェーン、ゴルフ雑誌を渡り歩き、現在は「月刊ゴルフ用品界」で地クラブを中心に取材、執筆。
国内を始め、中国、台湾、米国のゴルフ用品工場の取材経験もあり、地クラブ・工房ビジネスへの有益な情報発信、国内外の製造拠点などの取材を通してゴルフ用品市場の発展に貢献したいと、東奔西走。ほかには日本ゴルフ用品協会広報委員会アドバイザリースタッフ、販売技術者資格(日本ゴルフ用品協会認定)取得。
プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • DIRETTOがリニューアル!最大限の反発性能を実現した『DIRETTO Opus2』

  • 扶桑の健二郎FWとUTを試打 UT29度で204ヤードのぶっ飛び

  • 永井プロ試打レビュー:中条カムイ『KP-103UC』アイアン

  • 米PGAで人気の『TENSEI』がついに日本上陸!永井プロ試打レビュー

関連記事

  • 窒素充填ドライバーを手掛ける中条カムイ 開発にいたる苦労と神髄

  • 中条カムイの窒素入りの『TP-Xニトロゲン』は「飛び」が証明された!?