1. 注目記事
  2. ギア評価

ダンロップスポーツ ASICS GEL-ACERPRO 3 Boaを徹底検証! その評価は?

ギア評価 ダンロップスポーツ 片山三将
ダンロップスポーツ ASICS GEL-ACERPRO 3 Boa

神谷幸宏がダンロップスポーツ ASICS GEL-ACERPRO 3 Boaを徹底検証! その評価は?

神谷幸宏
合同会社ジョイナー代表社員。13才でゴルフを始め、USGTFプロ、(一社)日本フットウェア技術協会認定スポーツシューフッター、Boaエキスパートの資格を取得。ゴルフ工房、パーツメーカーを経て独立。現在はパーツブランド、フィットネス機器の営業代理業を行いながら、レッスン活動もこなす。

チェックポイント

  • あらゆるライで優れた安定性とグリップ力
  • スウェーで悩むゴルファーに特にオススメ
  • 競技ゴルファーの速いHSもしっかりと受け止める

ボディトラックとは

つま先下がりのライ

  • 画面左側が左足、右側が右足
  • 白い丸は両足の中心圧。テイクバックでは右側にダウンスイング以降左側に移行する
  • 黄色い線は、上記中心圧の軌跡
  • 色の変化:足のどの部分に重心が掛かっているかを示している。度合いの強さは赤、緑、青、白の順となる

フィニッシュが決まる! 足元からスイングを作りたいゴルファー必見

このモデルで特徴的なのがスパイク(鋲)の位置です。前足部の鋲をより外側に、中足部の鋲も一般的なタイプよりもかなり外側に配しています。スパイクが外側にあれば、スイングのパワーが外に逃げないので土台がしっかりすることは容易に想像がつきますが、その真価は?早速、『ボディトラック』で検証してみましょう。

今回は平地だけではなく、傾斜マットを使ってつま先上がり、つま先下がり、左足下がり、左足上がりと様々なライからシューズの機能性をテストしてみました。

まず平地ですが、想定した通り、グリップ力がかなり高いので外側にパワーが逃げない。アマチュアのミスに多いスウェーを防ぐことができます。

スウェーしてしまうと、インパクトでクラブフェースが開いたり、インパクトからフォローにかけて身体が左に突っ込んでボールを引っ掛けたりといったミスになりやすい。それが未然に防げるのでスイングが安定してボールも曲がりにくくなります。

次につま先上がりですが、このライはどうしても踵に重心がかかりやすく、それがスウェーにつながって様々なミスショットを誘発しやすいところ。

しかし、このモデルはフレア構造で踵を中心とした後足部のグリップ力がしっかりしています。トップスイングでは右足の踵で、ダウンスイングでは左足の踵でしっかりとパワーを受け止めてくれる。身体がグラつかないのでフィニッシュもしっかりと取れますね。

■つま先上がりのライ

つま先上りのライ
トップにおける重心バランス。右足後足部内側が緑になっているのはここに重心が乗っている証拠

また、つま先下がりは膝を落として構えるのでつま先上がりよりも下半身が安定しやすいといえますが、『GEL-ACERPRO 3 Boa』を履くとさらに安定感が増す印象です。

■つま先下がりのライ

つま先下がりのライ
インパクトにおける重心バランス。つま先体重でインパクトがズレやすいライだが、左足踵に重心がしっかりと乗り(赤い部分)、振り抜けている。

一方、左足下がりは重心がどうしても左足に乗りやすくなるので、左の足元がしっかりしていないと身体が左に流れやすくなってしまう。

しかし、このモデルはスパイク、特に左足後足部外側のスパイク3本がガッチリと芝を噛んでくれるので身体が左へ流れにくい。少し身体がよろけた時も左足のソールがめくれずにしっかりとフィニッシュが取れる。バランスのいいスイングをしやすいという効果もあるでしょう。

■左足下がりのライ

左足上りのライ
インパクトにおける重心バランス。左の足元がしっかりしていないと身体が左へ流れてしまうライだが、左足踵(赤い部分)でしっかりとスイングの圧力を受け止めている。

最後に左足上がりですが、このライはアドレス、スイングを通じて右足に重心が乗りやすく、それがすくい打ちのミスにつながりやすいところです。

ただ、『GEL-ACERPRO 3 Boa』は地面をしっかりグリップするのでアドレスでバランスよく立ちやすい。その結果、スイング中に右足へ過度に重心が乗らないので、しっかりと左足に体重が乗ったフィニッシュが取りやすい。すくい打ちのミスも出にくいですね。

■左足上がりのライ

左足上がりのライ
フィニッシュにおける重心バランス。右足に重心が乗り過ぎてバランスを崩しやすいライだが、左足全体に重心が乗り(緑の部分)、しっかりとしたフィニッシュが取れている。

以上、『GEL-ACERPRO 3 Boa』の性能を様々なライで検証しましたが、どんなところでもスイングをしっかりサポートしてくれることが分かりました。

カラーバリエーション
左からホワイト×シルバー(0193)、シルバー×ブラック(9390)、ブラック×ラテ(9005)

ダンロップスポーツ ASICS GEL-ACERPRO 3 Boa

商品のお問い合わせ:ダンロップスポーツ

TEL:0120-65-3045
URL:https://golf.dunlop.co.jp/asics/index.html


\ SNSでシェアしよう! /

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの注目記事を受け取ろう

ダンロップスポーツ ASICS GEL-ACERPRO 3 Boa

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

GEW - 「ゴルフ通」に刺さるオリジナル情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

片山三将

片山三将

1965年9月21日生まれ、東京都出身。
「月刊ゴルフ用品界」(GEW)を発行する株式会社ゴルフ用品界社の専務取締役兼営業本部長。92年の入社以来、編集&クライアントへの広告・企画を担当。
その一方、国際事業部の責任者として海外事情にも明るく豊富な人脈を持つ。編集&広告・企画のモットーは「切り口」。一つの事象を多面的に捉え、「多種多様な読者の興味を喚起する記事執筆」、「クライアントの商品・サービスに新たな付加価値をつけるブランディングの提案」を常に心掛けている。
信条は、「人生には何ひとつ無駄なものはない」ーー。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ハドラスが提案する引き算を「足し算」に変えるビジネス

  • タイトリスト『Tシリーズ』アイアン試打!ミスがミスにならないは本当か?

  • イオンスポーツ東代表取締役インタビュー:世界の名門コースから引っ張りだこの『ゼロフィット』

  • 11代目ゼクシオは本当に進化しているのか?『イレブン』と『X』の実力を試してみた

関連記事

  • 【LIVE】ゼクシオ新商品記者発表会のライブ中継を行います

  • クリーブランド『RTX4 ウエッジ』ソール選びがスコアのカギを握る?

  • 『ゼクシオ』初の飛び系アイアン『クロス』は他社の急所を徹底研究

  • テンプレート付きオリジナルボールマーカーペンがもらえる!NEW「スリクソン Z-STAR」デビューキャンペーン

  • 住友ゴム工業 川松英明執行役員スポーツ事業本部長 年頭所感

  • 普通のゴルファーが「日本代表」になれる!ワールド・アマチュア・ゴルファーズ選手権